« 毛生え薬 propecia プロペシア | トップページ | firefoxリフレッシュでアセった »

2017年11月10日 (金)

中共のアフリカ攻略政策

 アフリカの取り込みに中共はそこまで遠くを見据えて政策を講じているのかと驚いた、FR2の報道だった。

 サブサハラ地域が既に経済的に中共と深いつながりを持っているのは周知の事実で、中共側の目的はもちろん資源確保。

 その政策の一環として中共が力を入れているのが、アフリカ各国の学生の取り込み。今年は五万人のアフリカの若者が政府の奨学金を受けているという。受給者はここ十年で二十倍以上になった。

 「中共は彼らを惹き付けるためになんでもやる」というこのニュースの下りが”L'Empire du Milieu fait tout pour les attirer.”と、常のChinoiではなく、”L'Empire du Milieu”と表現されたのは興味深い。まんま英単語に置き換えれば、Empire of Center(中華帝国)とでもなろうか。

 留学生には月額430ユーロ(彼の国の物価レベルで!)が支給されるばかりでなく、食堂、家賃は無料。
 最初に学ぶのはもちろん中国語で、二年もすれば流暢に喋れるようになる。

Photo_6  

 優遇された環境の中で勉強できた若者達が中共にシンパシーを持たないわけがない。
 中共で商業や経営学を学んだアフリカ各国の若者たちは、故国に帰ればエリートの一角を占めることになる。彼らは故国と中共の絆を深めることしか考えなくなるだろう。

Photo_7

 帰国したらぼくは中共企業で働くことしか考えていないと、この若者はインタビューに答えた。

 中共はほんの少し前までは貧しい国だったのに、経済は今やロケットのように跳ね上がり、高度先端技術に大量の資金を投下するまでになった。

 これまで取り残されてきたアフリカ諸国の若者達が、中共の変化を目の当たりに見て、わが国でもいつか、と夢を持たないわけがない。

 豊富な地下資源を確保するためには、札束だけ持って乗り込んでも国際金融資本に太刀打ちできるはずもない。そんなあからさまな成金主義でなく、今後経済活動の中で将来主要な地位を占めて行くであろう人材を、中共贔屓として育てていく政治戦略に舌を巻く。

 ところで、なんだけど、一時期流行った「おもてなし」という言葉には、「わざわざ来てくれた人はそれなりに迎えて上げましょう」という意味合いしかなく、積極的に呼び込む力はない。

 東京オリンピック誘致の時に日本国内で盛り上がったこの「おもてなし」というセリフを苦々しく感じたのを、筋違いではあるけれど、ふと思い出した。

 

 

|

« 毛生え薬 propecia プロペシア | トップページ | firefoxリフレッシュでアセった »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/72189831

この記事へのトラックバック一覧です: 中共のアフリカ攻略政策:

« 毛生え薬 propecia プロペシア | トップページ | firefoxリフレッシュでアセった »