« 肘関節骨折 | トップページ | フランス大統領マクロン 大晦日の「演説」 »

2017年12月26日 (火)

肘関節骨折2 四門出遊

 大きな病院の待合で座っていると、町医者とは違って、様々な患者が目の前を通り過ぎる。

 点滴器具を押しながらよたよたと歩いている人、ストレッチャーで慌ただしく運ばれていく人・・・
 健常者はそうでない人々にどれだけ思いを馳せることができるんだろう。

 ふと「四門出遊」を思い出した。釈尊(お釈迦様)が出家に至るエピソードである。

 釈迦族の王子として何不自由なく育った若き日のゴータマ(ガウタマ)・シッダールタはある日、地上に出てきた虫が鳥に食べられる光景を見てしまった。それも、繰り返し。
 他者の生命(いのち)を以て己の生命の糧にするという現実に愕然となり、彼はふさぎ込んでしまう。

 心配した父 浄飯王は、気晴らしに城の外の光景でも眺めてみたらどうかと勧めた。

 勧めに従い王子シッダールタが東の門から出ると、歯が抜けて腰の曲がった老人がいた。

 宮殿暮らしで醜いもの一切から遠ざけられていたシッダールタは問う。
 「あの人、何?」
 従者が答える  「老人です。人というものは歳をとれば誰でもあのようになるのです」

 次に南門から出ると、痩せさらばえた人が体を震わせていた。
 シッダールタは問う 「あの人、何?」
 従者が答える  「病人です。人というものは生きている限り病から逃れることはできません」

 次に西門から出た時にシッダールタが目にした光景は、お分かりであろう、
 火葬の現場だった。
 従者は言う 「人というものは、如何なる者とて『死』から逃れることはできないのです」

 そして北門で修行者と出会ったゴータマは、出家を考え始める。

 

 昔、大家族が小さなコンミューンの中で暮らし、身のまわりに老人も病人も、死人も当たり前に見ていた時代があった。それまで庭で走り回っていた鶏を屠る光景だって日常生活の一環だった。

 「核家族」という言葉が生まれたのはいつの頃だったんだろう。

 その辺りからぼくら<現代人>は、「生・老・病・死」への感受性を失い始めたらしい。手持ち無沙汰の病院の待合でそんなことを考えていた。

 

|

« 肘関節骨折 | トップページ | フランス大統領マクロン 大晦日の「演説」 »

健康」カテゴリの記事

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/72608508

この記事へのトラックバック一覧です: 肘関節骨折2 四門出遊:

« 肘関節骨折 | トップページ | フランス大統領マクロン 大晦日の「演説」 »