« 小指が痛くなってきた | トップページ | コーヒーに発癌物質(?) »

2018年3月25日 (日)

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実(監督 チャールズ・ファーガソン)

 経済界大物へのインタビューを中心としたドキュメンタリー映画である。

 リーマンショックという金融大崩壊は予見されていたどころか、首謀者達が大儲けするために入念な下準備が行われていたという程度のことくらいは、今では誰もが知っている。

 しかし、その首謀者達の誰一人として罪を問われていないというのが、ぼくにとっては衝撃的だった。

 監督のファーガソン自身がこう語る。

 今の経済界のトップ75人を投獄してみればよい、そうすればこのような危機が起こる確率は極めて低くなる。

 金融ビッグバンともてはやされていた規制緩和がどういう意味を持つのかその当時は分からずにいたが、そういうことであったのかと胸落ちさせられる作品。

 

|

« 小指が痛くなってきた | トップページ | コーヒーに発癌物質(?) »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/73217472

この記事へのトラックバック一覧です: インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実(監督 チャールズ・ファーガソン):

« 小指が痛くなってきた | トップページ | コーヒーに発癌物質(?) »