« パソコン用語 デフォルト とか プロパティ とか プロトコル とか・・・ | トップページ | トクサイ »

2018年6月 8日 (金)

ボストン美術館の至宝展@名古屋

 名古屋ボストン美術館に行ってきた。

 今回展示の目玉の一つ、英一蝶の「涅槃図」が目当てで勇躍赴いたのだが、残念ながらぼくには真価が今ひとつ分からなかった。

 もう一つの目玉展示は、ゴッホの「郵便配達人」と「子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人」。
 チラ見しただけで早々に通り過ぎた。

 ゴッホは苦手なのだ。

 アムステルダムのゴッホ美術館に行ったことがある。
 展示絵画から放射されてるというべきか流れ出てくると言えばよいのか、妖気のようなとんでもないパワーにぼくは耐えられなかった。たかだかキャンバスに塗られた絵の具なのに、何故にこうまで「何か」を発散し得るのだろう。今回チラ見した二つの作品からも明らかに妖気が感じられた。

 「ウリ」の二つに振られてしまったぼくだが、べつにめげているわけではない。

 クロード・モネ 《ルーアン大聖堂、正面》
 幾条もの光の柱がまっすぐ天へ向かって上昇していってる。なんじゃこりゃぁ!と心の中で叫び、しばし呆然と見入ってしまった。この絵をひとことで表すなら、「敬虔」。

 モネは好みではない。それでもジヴェルニーに行ったことはある。行けばモネに対する自分の心象に転換が起きるかと期待してた。でも空振りだった。世間で評価の高い画家なのに、それを感じられない自分がちょっと寂しかった。

 が、この「ルーアン大聖堂」、ぼくのモネの絵の見方を変えてくれた気がする。

 村景文、岡本豊彦、東東洋『松に鹿蝙蝠図屏風』
 どっちゅうことのない絵に見える。左上から力強い松の枝が右下へ下りてきて、その先に振り向いた鹿が居る。それだけ。

 でもこの鹿、すっげー存在感がある。王者の風格がある。奈良公園で煎餅をねだる鹿とは格が違う。

 この鹿に力強さを与えているのは何かいなーと暫く眺め入り、それ、左側にまるで主人公のように描かれているでかい松が枝を通して鹿と一体化してるのではないかと気付いた。こういう技法もあるんだ。

 セザンヌとかラトゥールとかシスレーとかの静物画が数点あった。

 テーブルの上の果物なんかを描いた静物画。ちょいちょい目にするんだが、それがどーしたといつもスルー。価値が分からぬままこの歳になった。

 どの絵だったか、脇の解説に目が洗われた。配色や光の実験だとあった。別の絵の解説では、力の流れの表現に目を向けるよう促された。
 静物画って、カタチではなく、そういう視点で見るものであったのか。もっと若い頃に気付いておきたかったなあ。

 他にも、小林一茶の屏風絵が三角形構図を積み重ねてできているのに感心したり、古代エジプト《センカアマニスケンの彫像》の筋肉の表現に見とれてしまったりと二周回り、大満足の半日だった。

 この名古屋ボストン美術館、巨額の上納金や展示方針の不自由さなどの問題を抱えていた。本家ボストン美術館との20年契約は更新せず、今年で10月で閉館となる。

 
 
 

|

« パソコン用語 デフォルト とか プロパティ とか プロトコル とか・・・ | トップページ | トクサイ »

文化・芸術・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205954/73646035

この記事へのトラックバック一覧です: ボストン美術館の至宝展@名古屋:

« パソコン用語 デフォルト とか プロパティ とか プロトコル とか・・・ | トップページ | トクサイ »