ニュース

2017年8月 7日 (月)

EV 電気自動車 は二十年後に欧州を席巻するか

 欧州各国が車の動力を、内燃機関から電気モーターに一気に切り替える方針を打ち出した。

 「コンパクト・ディーゼル」の登場で日本の自動車メーカーが右往左往しているというニュースを目にしたのは、つい二、三年前のことではなかったか。

 窒素酸化物を大量に吐き出すディーゼルエンジンが人体に良いわけがないというのがぼくのかねてからの持論だし、その「コンパクト・ディーゼル」の効能書きが実はウソだったというのがそういったラディカルな方針打ち出しに寄与したんだろうけど、それはさておき。

 もしホントに車の内燃機関方式エンジンを全て電気モーターに切り替えるとすれば、産業構造は大きな変革に直面することになる。

 内燃機関は多数の精密な部品の集合体だ。それが電気モーターに置き換わなら、モーター部に関する限り、新規参入のハードルが大幅に下がることになる。例えば、シリンダー内径とピストン径の精緻な公差など不要になる。写真機の一眼レフが不要になってデジカメに移行するようなものだ。

 部品産業の裾野は決定的に変化することになる。

 もう一つ、ここで最重要になってくるのは、エネルギー源としての蓄電池の技術。

 現在商業的に実用化されている一般的な高密度・高出力エネルギーと言えば、リチウムイオン系のバッテリーだが、これは製造工程も取り扱いもとても難しい。生産設備を倍増したからと言って、単セル使用用途とならともかく、組電池に使える完成品が単純比例で倍増するわけではない。
 (単セル使用用途でも、安全確保のためには製造工程に細心の注意が必要。詳しくは「熱暴走」とか「ばらつき」とかいったキーワードを交えてweb検索されたし)

 リチウムイオンバッテリーは引っ張りだこで、既に需給は逼迫しつつある。なのに、今後の欧州での新車販売全てを賄える蓄電池の供給が二十年以内にホントに可能なのかと訝っていた。

 が、論文段階ではこれを上回るモノができているという記事が目に入った。

 「次世代電池を牽引する、全固体電池開発
(東芝も高性能リチウムイオンバッテリーを持っているらしいが、ぼくにはよく理解できないのでパス)

 上記引用記事をぼくが正確に理解しているわけでは勿論無いが、正極と負極の電解質液を「固体電解質」に置き換えられるとすれば、セパレータ破れによる正極・負極の短絡=爆発の危険性が大きく抑えられることになるのではないか、だとすれば、巨大爆発事故を避けられる可能性があるのではないかという希望が持てる。

 自分が理解できていない技術のことをあれこれ賢しらに語っちゃいけないんだろうけど、ニッサンとテスラの合弁プロジェクトはどうなるんだろうとか、実用化は目前と言われて久しい燃料電池はどこへ行ってしまったんだろうとか、この方面への興味は尽きない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

人工知能は遺伝子(プログラム)と子育て(データインプット)で育つ

 笑えた。
 中共のweb大手、騰訊(テンセント)が人工知能(AI)チャットプログラムを公開したところ、このボットが共産党批判を展開したという。

ユーザーが「共産党万歳」と書き込んだところ、AIは「かくも腐敗して無能な政治にあなたは『万歳』ができるのか」などと反論した。(等々)
(産経web http://www.sankei.com/world/news/170803/wor1708030008-n1.html) 

 マイクロソフトの「Tay」と名付けられたチャット・ボットも同じような騒ぎを起こした。公開後間もなく、ヘイトメッセージやナチス礼賛を紡ぎ出すようになり、一日も経たないうちに閉鎖に追い込まれている。

 双方手口は至ってシンプル。特定の文章を大量に「AI」に流し込めば良いだけで、それに気付いた一部ユーザーが随分熱心にこれらのボットを「教育」したと推察される。

 つまり、プログラムは正しく組まれていたわけで、ここから先、「教育」の結果をどう「成果」として表現させるか、プログラマーにとって多分そう難しくはない課題。反応すべき方向付けをしてやれば良いだけだ。

 と言うより、web上のメッセージを解析して、それに応じた偽ニュースを流す手法は既に確立されている。先日の米国大統領選挙期間中にも既にそれらは活躍していたようだ。

 facebookやTwitterで無防備に垂れ流され続けいる大量のメッセージは、そういった方向付けを目論むボットの格好の「食事」となっているのだろう。

 片時もスマホを手放さないSNS中毒者達は、自分が今所属している「群れ」は自分で選択したものだと信じている。だから、それらの「群れ」の中で交わされる文脈に沿ったメッセージであれば、受け入れる準備は潜在的にできている。
 そういった人々を扇動するのに、もはや大した労力は必要ない。

 情緒的な短文メッセージ交換や”like (いいね!)”ボタンの発明は、大衆扇動のための下地づくりであった、とまで断じるのは行き過ぎなのかも知れない。

 が、少なくとも結果として、これらの仕組みは、洞察と思考の面倒さに背を向け、脊髄反射的に反応する人々を効率よく且つ大量に育てている。

 経済的貧困層を膿み出している現代社会において、思考的貧困層もまた、密かに作られつつあるような気がする。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

フランス大統領マクロン氏、支持率大幅下落

 マクロンの支持率が一ヶ月で10ポイント下落し54%となった。首相のÉdouard Philippeも64%から56%へと8ポイント落とした。(Ifop調べ。7月17~22日、18歳以上無作為抽出1947人電話アンケートによる)

 この下落幅はJacques Chiracの15ポイント下落以来とのこと。

Photo  

 マクロンは国家財政立て直しのために緊縮予算をぶち上げた。
 社会保険料値上げは退職者の不安を誘い、公務員の大幅削減が当の公務員に快く受け入れられるはずもない。軍事費大幅縮小に反発したフランス国軍トップのピエール・ド・ヴィリエ(Pierre de Villiers)統合参謀総長(chef d'État-Major des armées)が辞職を表明したのは19日だった。

 彼がオランド政権下で経済大臣を辞職したのは、この政権下では自分の考える経済政策を実現できないという理由だった。国家財政均衡を第一義に考えるなら、社会党政権では難しかっただろう。

 10ポイントという下落率だけに焦点が当てられがちだが、それでも尚54%の支持率がある。

 同じタイミングでの歴代大統領の支持率は以下の通り。

Photo_2

 左から、ミッテラン、シラク、サルコジ、オランド。

 マクロン支持率54%の内訳は、大変満足が47%、どちらかと言えば満足が7%。不支持率は43%で、極めて不満足15%、どちらかと言えば不満足28%。今のところそれほど悪い内容ではなさそうだ。
 尚、「支持率」とフランス語のpopularitéが完全一致するのかどうか、あまり自信がないのだが、日本の世論調査で「支持する」と言ってもせいぜい「いいと思うよ」程度なんだろうから、間違いじゃないだろう。

 このマクロン氏、軍予算削減を巡って統合参謀総長との応酬の翌日に自ら軍に出向き、軍人の前で「私がchefだ」と言い放ったらしい。

 これは共和国の理念を逸脱した、独裁者の姿勢だと批判されることになろう。

 日本の国会で稲田防衛相への質問を、彼女を抑え自らしゃしゃり出た安倍首相が「私は自衛隊の最高指揮官ですから」と声を大きくしたのとは格も次元も違う。

 マクロン氏の一連の自信満々たる振る舞いは、若さ故の精一杯の背伸びなのか、鼻持ちならないエリート主義の露呈なのか。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

chef (シェフ)

 chef (シェフ)という語は、日本ではもっぱら「料理長」として使われているようだが、本来的には「軍事・行政の指示を下す者」。下って、一般的には何かしらの「組織の長」という意味合いで使われる。
 だから、会社組織で言うなら、社長以下、部長とか係長とか課長とか、みーんなそれぞれのユニットのchef。

 この7月14日の軍事パレードでマクロンが「Je suis chef de l'État ( I am "chef" of the State=私は国家の長である)」と発語したのには、ちょっとびっくりした。

 フランス人の感覚では多分当たり前に聞こえるんだろうが、当たり前だからこそ、こんなところでそんなに気張らんでもええんちゃうの?というのが、万事控えめなぼく(失笑)の感想。

 ルイ14世が言ったとされる「朕は国家なり」は、「l'État, c'est moi (State, it's me.)」。ニュアンス的にちょっと違う。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

パリ 7月14日 2017年 「ニース」から一年

 大勢の人々が花火見物をしていたプロムナード・デ・ザングレ(イギリス人遊歩道)に大型トラックが突っ込み、死者84人、200名以上の負傷者を出した大惨事は、一年前のフランス国民祝日の7月14日の夜、ニースで発生した。

 今年、軍事パレードが一通り終わったところで、コンコルド広場では「NICE」という人文字が描かれた。(手前=下の三色テントの下にフランス大統領以下来賓がおわします)

0_2

 ニースでは一周年の追悼式が行われ、フランス共和国大統領も勿論出席した。軍事パレードが終わるやニースに飛んだんだろう。

 ニースではこんなことをしていた。
 何やら貼っている。

1

 次々に貼っていく。

2

 このハート型が完成すると、この事件で亡くなった犠牲者の名が全て表示されるという仕掛けになっている。

 かの暴走トラックに立ち向かった、警官だったかどーゆー人だったか聞き漏らしたが、ともかくその方に「騎士」の勲章が贈呈された。

3_2

なるほど、こういう場合にも勲章が授与されるのか。分かりやすい讃え方だ。賞状なんかと違ってかさばらないから、リビングの飾り棚みたいな場所に置いておくこともできると、妙なところで感心した。

 とはいえ、何となく違和感をぼくは感じる。

 ここニースだけでなく、バタクラン劇場やシャルリ・エブドその他でも悲惨な事件が起こっている。そういった場所でも周年追悼式があるのかどうか寡聞にして知らないが、あるとすれば、それらにも共和国大統領は欠かさず出席しているのだろうか。

 複数の民間人が犠牲になった襲撃事件が発生すると、マスコミはすぐにテロだテロだと騒ぎ立てるが、政治的な意図あってのテロであれば、即座に犯行声明を出さなければ意味がない。

 シャルリ・エブド事件はそういう意味では分かりやすかった。メッセージは明確だった。
 でも、その他の事件ではどうだったのか。便乗と見られても仕方の無いようなタイミングのずれたところでISが犯行声明を出したりしてるということになっている。このニース事件も、ぼくの知る限りでは背後関係は明らかになっていない。

 にもかかわらず、なぜ「ニース」だけに焦点を合わせるのだろう。
 社会不安を掻き立ててトクするのはどういう連中なんだろう。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

パリ 7月14日 2017年 その2

 軍事パレードが始まり、マクロンはとても満足そうな顔をしていた。
 これだけの軍隊をオレは掌握しているのだと実感したからなのかそうでないのか、うかがい知る余地もない。が、そう感じても不思議はない。それが権力者というものだ。若ければ若いほど。

 シャンゼリゼ通りを東に下ってくる軍隊の閲兵式は、コンコルド広場で行われる。今年はその場に米国大統領とその婦人の姿・・・ご婦人のファッション、ちと場違いでは?

0

 そして、軍事パレードの先頭が、なんと

21917

 ぼくの聞き違えでなければ、これらの車両は1917年、米国軍が使用したもの。
 1917年と言えば、第一次大戦で米国が対独欧州参戦を実行した年。今回米国大統領が招かれたのは、その百周年という含みがあったんだって。

3

 さて、お馴染みのエコール・ポリテクニーク(École polytechnique)登場

4

 エコール・ポリテクニークは理工科大学とかいう名で日本では紹介されているが、フランス国防省管轄下の技術将校養成のgrand école(大学校)
 以前にも書いたけど、universitéとgrand écoleとでは全然格が違うのでお間違え無きように。

5

 同じく大学校(grand école)のサン・シール陸軍士官学校(仏: École Spéciale Militaire de Saint-Cyr)。

7_2

 この学校はすべて士官候補生で、修士号を取得して、正式に士官として任官していく。

 見よ、この勲章を!

8

 さてはて華やかなのは、何と言っても近衛兵。

9

 彼らはこの姿で日常エリゼ宮を警護している。

 歩兵も空軍も、戦車なんかの重器類も行進を終わり、こんな風景となった。

10

 マクロンは、フランスと米国を分かつものは何もないと、ここで声高らかに演説した。
 ま、それはええんですけど、

 で、この場面、マダム・トランプが左手に持ってるものは何だろう?(写真上で左クリックされたし)

11

 その後彼女は「それ」を右手に持ち替える。
 んで、マダム・マクロンは彼女の左手と握手する。

12

 右手と左手の握手というのは、よく分からん構図。何か特別の事情があったんだろね、と「忖度」するしかない。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

パリ 7月14日 2017年

 フランスの革命記念日。
 第一次大戦19017年に米国が援軍を出兵した100周年記念として、今年はトランプ夫妻が招待されていた。

 パリで一度目にして以来、ぼくはこの軍事パレードに結構病み付きになってしまってる。
 二時間半のフル中継をyoutubeで見付け、初めから最後まで見てしまった。

 その中でぼくの興味を引いたのは、パレード終了後の、新大統領マクロンの演説だった。

 オランドもサルコジも、歴代フランス大統領も同じようなことを喋っていたのかも知れないが、その内容なんてついぞ気にも掛けなかった。

 今日たまたま引っ掛かったのは、憲法九条改正議論(ぼくは推進派)が頭の片隅にあったせいなのだろう。安倍サンもこれっくらいの演説ができれば、なぁ、と溜息が出た。

 てことで、マクロンのそのdiscoursをご紹介。

 フランス本土、海外県、そして外国在住の親愛なる市民諸君。
 この7月14日、我々はフランスを祝おう。我々を一つに結びつけるものを祝おう。自由という名の独立を、一人ひとりに与えられる平等を、思いやりの心の友愛を祝おう。

 フランス国民の活力と意志が我々の歴史を築いてきた。
 1789年7月14日はフランスの歴史が始まった日ではない。いかなる信条ならば従っていけるのかを民衆が示した日だ。
(略)

 不安定な社会において、民主主義、思想の自由、宗教や肌の色・性別・意見で差別されない権利、また安全な暮らしや子どもたちの教育への権利は自生しているわけではない。
 それらを守ることを、自らの生命の危機を賭すことも顧みず選択した男たち、女たちが、ここフランスにいる。

 その男たち女たちは我々の、兵士であり、警察、消防隊、武装警官、税関たちだ。彼ら皆が我々を守っている。今日という国家の祝日に彼らが行進するのは、彼らが自由と権利を守る兵士であるからだ。

 彼らの忠誠心、献身、力が、我々が選択した秩序を保証してくれている。彼らに感謝したい。国家を挙げて感謝申し上げる。時にはそれが血で購われることも、私は知っている。

 フランス国家のために死んだ人々、残された寡婦、子どもたち、両親、親族がいることを、私は知っている。
 親愛なる市民諸君。この百年間、フランスは子どもたちを守ってきた。難民やテロ犠牲者の子どもたちも守ってきた。
(略)
 本日出席の傷痍軍人各位(略)私たちはあなた方の偉大なる犠牲を忘れはしない(略)。

 今日という記念日に、我々は決して忘れてならない責務がある。
 それは、我々が権利獲得のために支払った代償であり、また、それらを守るためにこれからも支払わなければならない代償があるということだ。何故なら、それこそが我々をフランスという一つの国家に結びつけ、今のフランスを形作っているからだ。

 全てのフランス人、フランスを選んだ人々、フランスを愛する人々に、今日という記念日が、和やかで喜びに満ちた日であることを祈る。

 共和制よ、永遠なれ、フランスよ、永遠なれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

fr2を再び視聴できるようになった

 フランスのテレビをPCで視聴できなくなって長い。ニュース番組のサイトまでは行けるのだが、動画が出現しない。france.infoのテレビ局側に何か変更があった模様。

 ぼくが常用しているブラウザはfirefoxで、広告ブロックとか、cookieはブラウジング終了後全て消去とかいろいろいじってあるのだが、これが原因かもしれない。
 かといって、それらを解除するのは嫌だ。

 ってことで、このためだけにブラウザを新たに一つ導入することにした。google chromeである。カスタム設定せずに素のままで使うことにするつもりだったが、「サードパーティーのクッキーを受け入れる」がデフォルト設定になっていたので、これは拒否に。

 chromeは当初スパイブラウザの嫌疑があり、ずっと使わないできたが、背に腹は替えられない。

 chromeインストール後france.infoの登録を済ませると、以前と同じようにfr2のニュースサイトを見られるようになった。広告必須となっていたのが残念だけど。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

日銀の原田泰審議委員、ヒトラーを礼賛(?)

 本記事のタイトルは、ロイター記事のタイトルをあからさま「悪意的」に改変したものではありますが・・・

 「日銀委員、ヒトラーの経済政策を賞賛(Japanese central banker praises Hitler's economic policies)」。出所 ロイター

 このロイター記事を引いて佐々木洋氏は、経済担当のシャハトの政策を「ヒトラーの」と言ったことが誤りだったと言い(10秒で読む日経 2017/06/30 No.3544)、田中秀臣氏は、「日銀の原田泰審議委員はヒトラーを賞賛してはいない。ロイターの記事は誤解を招く」と、ニューズウィーク (2017年06月30日(金)12時20分)に書いている。

 原田委員がどういう場所でどのような意図を持って如何なる文脈の中でそう発言したのか迄は知らないが、ロイター記事の中には、ヒトラーより前に効果的なデフレ対策が為されていればナチス政権は誕生しなかったであろうと日銀委員は言ったとも記している。

 きちんと読めば、ヒトラー礼賛ではないことは分かることになってはいるが、リードと記事前半部分にバイアスが埋め込まれ、その後に本来の意味合いを置くという巧みな文章構成になっている。

 前半部分に以下のような記述がある。

Hitler had taken "wonderful" fiscal and monetary stimulus steps, which in turn led to "something horrible for the world"

 "wonderful"とわざわざダブルクォーテーションで強調しているのは何故だろう。
 原田委員がどう喋ったのか分からないが、それは"wonderful"に相当する日本語だったんだろうか。

 情けないのは、日銀の対応。
 同ロイター記事に拠れば、

A BOJ spokesman said the central bank could not comment as it was not aware of the details of Harada's remarks.

 原田委員の発言根拠に無知であったのか、なんか分からんが、こらーとにかく謝ろなアカンのとちゃうか、どない繕うたらええやろかと、ことなかれでおさめるための時間稼ぎであったのか。

 ヒトラー政権時代に取られた経済政策が確かにドイツの大デフレを救済したものであったなら、ヒトラーという人格をどのように捉えようと、素直に評価すべきであろうし、それが間違いなら、その政策に対する批判を加えればよろしいのではないか。

 それを、「ヒトラー」と冠が付けば何でもかんでも攻撃指弾の対象とする。研究はおろか、その名を好意的な文脈の中で口にすれば非難悪口の対象となるヒステリックな風潮。

 9.11のような洗脳とは手法が異なるが、いずれにせよ「愚衆」コントロールの最たる「成果」の一つとは言えるだろう。

 ロイターの記事は結構信用してきたのだが、今後は気を付けんといかんですな。

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

保育園落ちた日本死ね

 半年前に書いてそのままお蔵入りにしてた記事を掘り出してみた。

・・・・・・

 「保育園落ちた日本死ね」って、2016年の流行語大賞に選ばれたんだって?

 それ知らんかったし、「投稿」の内容全部をワシ知らん。
 で、先ずは「匿名投稿」の原文を知っとかなきゃねーと探してみたら、あまりに下品な文章なのでげんなりした。

 ところが、表現は極めて下品ではあるけど、ただのアホが書いたものでもなさそう。文章構成がしっかりしているのである。

 その上、

    何なんだよ日本。
    一億総活躍社会じゃねーのかよ。

 保育園って地方行政の管轄。いきなり国政に話しもっていくかー?

    どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

 「母子家庭なんよ、収入源立たれて生活できなくなっちまう」ってのなら共感してもいいけど、「活躍出来ねーじゃねーか」っていうコトバに違和感持つのはわし一人だけなのかなぁ。

 他にも並べ立てられている国政への罵りは、よほど政治に関心がなければここまで紡ぎ出せないのではないか。

 この「匿名投稿」に対する、披露した国会議員の自作自演なのでは、との疑惑も一笑に付せないような気もする。

 そこでふと思い出したのが、吉祥寺の保育園新設「反対」運動」。

 読売新聞は住民エゴと簡単に決めつけ、市会議員も「えろう恥ずかしいこって」とコメントしたようだが、実際は、

どの報道にも触れられていないが、実は反対運動の先頭に立っている70代の女性は9月27日に陳情書を市議会に提出している。
 陳情書の表題は「『平井医院跡地』市有地及び南町3丁目市有地などを活用し、『緊急待機児童解消に向けて、公募選定での地域から信頼の置ける事業者による認可保育所設置』を求めることに関する陳情」。
 陳情は今月21日に同市の文教委員会で継続審議となったが、陳情書にある2つの代替地のうち「平井医院跡地」(吉祥寺東町1丁目)は、反対運動の先頭に立っていた女性宅の目と鼻の先にあるのだ。
産経 http://www.sankei.com/premium/news/161123/prm1611230017-n1.html

  「事実」が一体何処にあるのか、わしら庶民には見えにくくなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧