ニュース

2017年11月10日 (金)

中共のアフリカ攻略政策

 アフリカの取り込みに中共はそこまで遠くを見据えて政策を講じているのかと驚いた、FR2の報道だった。

 サブサハラ地域が既に経済的に中共と深いつながりを持っているのは周知の事実で、中共側の目的はもちろん資源確保。

 その政策の一環として中共が力を入れているのが、アフリカ各国の学生の取り込み。今年は五万人のアフリカの若者が政府の奨学金を受けているという。受給者はここ十年で二十倍以上になった。

 「中共は彼らを惹き付けるためになんでもやる」というこのニュースの下りが”L'Empire du Milieu fait tout pour les attirer.”と、常のChinoiではなく、”L'Empire du Milieu”と表現されたのは興味深い。まんま英単語に置き換えれば、Empire of Center(中華帝国)とでもなろうか。

 留学生には月額430ユーロ(彼の国の物価レベルで!)が支給されるばかりでなく、食堂、家賃は無料。
 最初に学ぶのはもちろん中国語で、二年もすれば流暢に喋れるようになる。

Photo_6  

 優遇された環境の中で勉強できた若者達が中共にシンパシーを持たないわけがない。
 中共で商業や経営学を学んだアフリカ各国の若者たちは、故国に帰ればエリートの一角を占めることになる。彼らは故国と中共の絆を深めることしか考えなくなるだろう。

Photo_7

 帰国したらぼくは中共企業で働くことしか考えていないと、この若者はインタビューに答えた。

 中共はほんの少し前までは貧しい国だったのに、経済は今やロケットのように跳ね上がり、高度先端技術に大量の資金を投下するまでになった。

 これまで取り残されてきたアフリカ諸国の若者達が、中共の変化を目の当たりに見て、わが国でもいつか、と夢を持たないわけがない。

 豊富な地下資源を確保するためには、札束だけ持って乗り込んでも国際金融資本に太刀打ちできるはずもない。そんなあからさまな成金主義でなく、今後経済活動の中で将来主要な地位を占めて行くであろう人材を、中共贔屓として育てていく政治戦略に舌を巻く。

 ところで、なんだけど、一時期流行った「おもてなし」という言葉には、「わざわざ来てくれた人はそれなりに迎えて上げましょう」という意味合いしかなく、積極的に呼び込む力はない。

 東京オリンピック誘致の時に日本国内で盛り上がったこの「おもてなし」というセリフを苦々しく感じたのを、筋違いではあるけれど、ふと思い出した。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

毛生え薬 propecia プロペシア

 FR2で「育毛薬propeciaにフランス当局が警告」というニュースが流れた。

Photo

 薄毛に悩むフランス人は多い。

Photo_2

 その処方薬の一つがpropeciaなのだが、3万人が危機にさらされているとフランス医薬品・保健製品安全庁(ANSM=L’Agence nationale de sécurité du médicament et des produits de santé)が警告している。

Photo_3

 性欲減退を引き起こす可能性があることは知られていたが、五年ほど前から異なる副作用の訴えが出始めてきた。
 鬱病、引いては自殺に至る危険性があるという。

 この女性は語る。危険性は知らされていなかったと。

Photo_4

息子が25歳で自らその生涯を断った。

Photo_5

 2年半プロペシアを服用してきた。その間、副作用が多々あったが、医者はなんら警告することはなかった。気力がなくなり記憶力が著しく衰えて5分前のことが思い出せないほどになったのにと。
 この母親は提訴を考えている。

 このニュースを見て当初、副作用が出たのならやめれば良かったのにとも思ったが、いろんな薬屋サプリメントを服用している人は多いから、どれが原因なのか素人に分からなくても仕方がない。

 でも、皆、なぜそんなにハゲを気にするのだろう。(或いは、蔑むのだろう)

 ぼくは二十歳の頃から既に脱毛が始まっていて、知人からはハゲと揶揄されていたが、さして気にも留めなかった。
 頭髪も陰毛も、それがなければ実質的に困ることがあるのだろうか、と。

 頭髪は体内の重金属を体外に出すという話を昔どこかで読んだ気もするし、陽射しが強いと頭皮に直接日光が当たり日焼けしてひりひりするので、それなりの働きはありそうだけど。

 二十年以上前、残業していたぼくを上司が突然呼び、「おまえ、これ試してみろ」と毛生え薬を二瓶目の前に置いた。商品名は忘れたが、ミノキシジルを成分とする薬品で、当時はアメリカでしか販売されていなかった。

 米国出張でこれを見付けた、効果があるようなら次の出張の時に社長への土産に買って帰りたいが、効果の程が分からん、おまえはちょうど良い実験台だ、といいうわけである。

 それは、ありがたいことでと手を出したら、カネは払えと言われた。値段は覚えていないが、一瓶五千円以上したのではなかったか。

 アンタの社長へのゴマすりのために、なんでぼくが購入代金を払わねばならんのかと釈然としない思いはあったが、興味がないわけでもなかったので応じることにした。

 結果は散々だった。

 暫く頭に擦り込んでいるうちに頭皮がボロボロになり、頭を下げただけでそのかけらがばらばらと落ちるようになった。半分も使わぬうちに、未開封の瓶と共に捨てた。

 しかし、ハゲというのは、周囲にはずいぶん哀れに見えるのだろう。

 今度は、中共に出向していた知人が「101」という、当時有名になっていた毛生え薬を、これはお土産として、ぼくにくれた。

 後日効果の程を尋ねられ、アカンみたいと答えたら、次の一時帰国の時に違う「101」を持ってきてくれた。複数のバリエーションがあるらしく、その後また別バージョンを持ってきてくれたのだが、いずれもぼくの頭髪が再生することはなく、それきりで終わりになった。

 豊田某という議員が秘書に放った「このハゲ~!」というセリフが何故にあんなに繰り返し取り上げられていたのか、ぼくには不思議だった。

 会話の中でぼくは、自分で自分のことを平気でハゲと言う。
 すると相手は決まって、あたかもパンツの中に蒟蒻が潜り込んででもきたかのような、もじもじと居心地の悪い困ったような表情になる。

 、「ハゲ」という語が禁忌扱いされているのだとすれば、やっぱりどこかに差別意識があるんだろうな。

 ハゲなんて見てくれだけのことなんだから、毛生え薬に投じる資金があるなら、カツラが一個二~三千円くらいで買えるようにしてくれたらいいのに。

 そうなればぼくは五種類購入して、月曜火曜と日替わりで出勤する。
 ぼくの頭を見ただけで今日は何曜日かすぐに分かるから、世の中のためにもなると思うんだが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

北朝鮮のミサイル

 北朝鮮がミサイルを発射したり核実験したりすると、日本のマスコミはなぜ今日にでも日本が攻撃されるような騒ぎ方をするんだろう。

 核兵器なんて、米国を筆頭にイスラエルだって、パキスタンに至るまで持っている。なぜ北朝鮮が核兵器を持ってはいけないのだろう。彼らが大量破壊兵器を持つことを推奨つもりは毛頭無いけど。

 もし北朝鮮が日本やその他の国を(核兵器を含め)先制攻撃したいのだとすれば、その結果何を得ることが目的となるのだろう。仮に日本列島を焦土化したいのだとすれば、それで彼らが手に入れられるものは何なんだろう。米軍に被害が及ぼうものなら、即フルボッコになるのは必定なんだし。

 日本のマスコミが過剰に騒ぐ理由があるとすれば、「あそこの指導者は何をするか分からん!」という思考停止のヒステリーに耳目を集めてしばしの日ゼニを稼ぐ算段しか見当たらない。

 それとも、「だぁからー、わが国も防衛施設をもっともっと拡充せんと」というプロパガンダの一環?

 後者の場合、「だぁからー、高性能の兵器を米国からもっともっと買い入れなぁアカンでしょうが」という流れになってしまいそう。

 「由々しきことである」と眉をひそめてコメントする「知識人」たちは、米国の軍事産業輸出の片棒を担ぐセールスマンではなかろうか・・・とは言い過ぎかな?

 北朝鮮の「脅威」に「経済制裁」を強化するとの流れに日本国政府も同調している。

 本来、支那事変でしかなかった事態が太平洋戦争へと発展した根本要因は何であったか。

 ABCD包囲網で原油の供給を絶たれてしまい、最早このままでは・・・と、無謀を承知で窮鼠猫を噛む挙に出たためではなかったか。日本占領軍総司令官マッカーサーですら、上院議会で日本が太平洋戦争に打って出たのは理由のあることだったと認めている。

 中共や韓国が日本を非難する常套文句「歴史に学ばない」。彼らが言う方向とは別に、そういう素質がわが国の為政者にあるような気がしてならない。

 北朝鮮なんかより、日本という国土も国民も全てなくなってしまえば、太平洋方面に自由に覇権を広げられるという目論見を持っている国がすぐ傍にあることに注意する方がずっと重要だと思うんだけど。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

じぇいあらーと

 早朝NHKを見てたら、突如番組が中断し「じぇいあらーとが・・・」と言い出した。

 「じぇいあらーと」って何?

 聞いてると、「北朝鮮が日本の方角に向かってミサイルを・・・」と続き、大半聞き終えたところで「警報」のことだと分かった。

 なんで「J-Alert」なんて言葉を使う?
 「警報」或いは「警戒警報」ではいかんの?

 "J"はJAPANを示すらしいが、日本政府が発するなら日本国民向けがふつーではないの?
 それとも日本政府は、C-AlertとかK-Alertなんかも発令するの?

 頭の中をハテナが飛び交った朝であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

EV 電気自動車 は二十年後に欧州を席巻するか

 欧州各国が車の動力を、内燃機関から電気モーターに一気に切り替える方針を打ち出した。

 「コンパクト・ディーゼル」の登場で日本の自動車メーカーが右往左往しているというニュースを目にしたのは、つい二、三年前のことではなかったか。

 窒素酸化物を大量に吐き出すディーゼルエンジンが人体に良いわけがないというのがぼくのかねてからの持論だし、その「コンパクト・ディーゼル」の効能書きが実はウソだったというのがそういったラディカルな方針打ち出しに寄与したんだろうけど、それはさておき。

 もしホントに車の内燃機関方式エンジンを全て電気モーターに切り替えるとすれば、産業構造は大きな変革に直面することになる。

 内燃機関は多数の精密な部品の集合体だ。それが電気モーターに置き換わなら、モーター部に関する限り、新規参入のハードルが大幅に下がることになる。例えば、シリンダー内径とピストン径の精緻な公差など不要になる。写真機の一眼レフが不要になってデジカメに移行するようなものだ。

 部品産業の裾野は決定的に変化することになる。

 もう一つ、ここで最重要になってくるのは、エネルギー源としての蓄電池の技術。

 現在商業的に実用化されている一般的な高密度・高出力エネルギーと言えば、リチウムイオン系のバッテリーだが、これは製造工程も取り扱いもとても難しい。生産設備を倍増したからと言って、単セル使用用途とならともかく、組電池に使える完成品が単純比例で倍増するわけではない。
 (単セル使用用途でも、安全確保のためには製造工程に細心の注意が必要。詳しくは「熱暴走」とか「ばらつき」とかいったキーワードを交えてweb検索されたし)

 リチウムイオンバッテリーは引っ張りだこで、既に需給は逼迫しつつある。なのに、今後の欧州での新車販売全てを賄える蓄電池の供給が二十年以内にホントに可能なのかと訝っていた。

 が、論文段階ではこれを上回るモノができているという記事が目に入った。

 「次世代電池を牽引する、全固体電池開発
(東芝も高性能リチウムイオンバッテリーを持っているらしいが、ぼくにはよく理解できないのでパス)

 上記引用記事をぼくが正確に理解しているわけでは勿論無いが、正極と負極の電解質液を「固体電解質」に置き換えられるとすれば、セパレータ破れによる正極・負極の短絡=爆発の危険性が大きく抑えられることになるのではないか、だとすれば、巨大爆発事故を避けられる可能性があるのではないかという希望が持てる。

 自分が理解できていない技術のことをあれこれ賢しらに語っちゃいけないんだろうけど、ニッサンとテスラの合弁プロジェクトはどうなるんだろうとか、実用化は目前と言われて久しい燃料電池はどこへ行ってしまったんだろうとか、この方面への興味は尽きない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

人工知能は遺伝子(プログラム)と子育て(データインプット)で育つ

 笑えた。
 中共のweb大手、騰訊(テンセント)が人工知能(AI)チャットプログラムを公開したところ、このボットが共産党批判を展開したという。

ユーザーが「共産党万歳」と書き込んだところ、AIは「かくも腐敗して無能な政治にあなたは『万歳』ができるのか」などと反論した。(等々)
(産経web http://www.sankei.com/world/news/170803/wor1708030008-n1.html) 

 マイクロソフトの「Tay」と名付けられたチャット・ボットも同じような騒ぎを起こした。公開後間もなく、ヘイトメッセージやナチス礼賛を紡ぎ出すようになり、一日も経たないうちに閉鎖に追い込まれている。

 双方手口は至ってシンプル。特定の文章を大量に「AI」に流し込めば良いだけで、それに気付いた一部ユーザーが随分熱心にこれらのボットを「教育」したと推察される。

 つまり、プログラムは正しく組まれていたわけで、ここから先、「教育」の結果をどう「成果」として表現させるか、プログラマーにとって多分そう難しくはない課題。反応すべき方向付けをしてやれば良いだけだ。

 と言うより、web上のメッセージを解析して、それに応じた偽ニュースを流す手法は既に確立されている。先日の米国大統領選挙期間中にも既にそれらは活躍していたようだ。

 facebookやTwitterで無防備に垂れ流され続けいる大量のメッセージは、そういった方向付けを目論むボットの格好の「食事」となっているのだろう。

 片時もスマホを手放さないSNS中毒者達は、自分が今所属している「群れ」は自分で選択したものだと信じている。だから、それらの「群れ」の中で交わされる文脈に沿ったメッセージであれば、受け入れる準備は潜在的にできている。
 そういった人々を扇動するのに、もはや大した労力は必要ない。

 情緒的な短文メッセージ交換や”like (いいね!)”ボタンの発明は、大衆扇動のための下地づくりであった、とまで断じるのは行き過ぎなのかも知れない。

 が、少なくとも結果として、これらの仕組みは、洞察と思考の面倒さに背を向け、脊髄反射的に反応する人々を効率よく且つ大量に育てている。

 経済的貧困層を膿み出している現代社会において、思考的貧困層もまた、密かに作られつつあるような気がする。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

フランス大統領マクロン氏、支持率大幅下落

 マクロンの支持率が一ヶ月で10ポイント下落し54%となった。首相のÉdouard Philippeも64%から56%へと8ポイント落とした。(Ifop調べ。7月17~22日、18歳以上無作為抽出1947人電話アンケートによる)

 この下落幅はJacques Chiracの15ポイント下落以来とのこと。

Photo  

 マクロンは国家財政立て直しのために緊縮予算をぶち上げた。
 社会保険料値上げは退職者の不安を誘い、公務員の大幅削減が当の公務員に快く受け入れられるはずもない。軍事費大幅縮小に反発したフランス国軍トップのピエール・ド・ヴィリエ(Pierre de Villiers)統合参謀総長(chef d'État-Major des armées)が辞職を表明したのは19日だった。

 彼がオランド政権下で経済大臣を辞職したのは、この政権下では自分の考える経済政策を実現できないという理由だった。国家財政均衡を第一義に考えるなら、社会党政権では難しかっただろう。

 10ポイントという下落率だけに焦点が当てられがちだが、それでも尚54%の支持率がある。

 同じタイミングでの歴代大統領の支持率は以下の通り。

Photo_2

 左から、ミッテラン、シラク、サルコジ、オランド。

 マクロン支持率54%の内訳は、大変満足が47%、どちらかと言えば満足が7%。不支持率は43%で、極めて不満足15%、どちらかと言えば不満足28%。今のところそれほど悪い内容ではなさそうだ。
 尚、「支持率」とフランス語のpopularitéが完全一致するのかどうか、あまり自信がないのだが、日本の世論調査で「支持する」と言ってもせいぜい「いいと思うよ」程度なんだろうから、間違いじゃないだろう。

 このマクロン氏、軍予算削減を巡って統合参謀総長との応酬の翌日に自ら軍に出向き、軍人の前で「私がchefだ」と言い放ったらしい。

 これは共和国の理念を逸脱した、独裁者の姿勢だと批判されることになろう。

 日本の国会で稲田防衛相への質問を、彼女を抑え自らしゃしゃり出た安倍首相が「私は自衛隊の最高指揮官ですから」と声を大きくしたのとは格も次元も違う。

 マクロン氏の一連の自信満々たる振る舞いは、若さ故の精一杯の背伸びなのか、鼻持ちならないエリート主義の露呈なのか。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

chef (シェフ)

 chef (シェフ)という語は、日本ではもっぱら「料理長」として使われているようだが、本来的には「軍事・行政の指示を下す者」。下って、一般的には何かしらの「組織の長」という意味合いで使われる。
 だから、会社組織で言うなら、社長以下、部長とか係長とか課長とか、みーんなそれぞれのユニットのchef。

 この7月14日の軍事パレードでマクロンが「Je suis chef de l'État ( I am "chef" of the State=私は国家の長である)」と発語したのには、ちょっとびっくりした。

 フランス人の感覚では多分当たり前に聞こえるんだろうが、当たり前だからこそ、こんなところでそんなに気張らんでもええんちゃうの?というのが、万事控えめなぼく(失笑)の感想。

 ルイ14世が言ったとされる「朕は国家なり」は、「l'État, c'est moi (State, it's me.)」。ニュアンス的にちょっと違う。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

パリ 7月14日 2017年 「ニース」から一年

 大勢の人々が花火見物をしていたプロムナード・デ・ザングレ(イギリス人遊歩道)に大型トラックが突っ込み、死者84人、200名以上の負傷者を出した大惨事は、一年前のフランス国民祝日の7月14日の夜、ニースで発生した。

 今年、軍事パレードが一通り終わったところで、コンコルド広場では「NICE」という人文字が描かれた。(手前=下の三色テントの下にフランス大統領以下来賓がおわします)

0_2

 ニースでは一周年の追悼式が行われ、フランス共和国大統領も勿論出席した。軍事パレードが終わるやニースに飛んだんだろう。

 ニースではこんなことをしていた。
 何やら貼っている。

1

 次々に貼っていく。

2

 このハート型が完成すると、この事件で亡くなった犠牲者の名が全て表示されるという仕掛けになっている。

 かの暴走トラックに立ち向かった、警官だったかどーゆー人だったか聞き漏らしたが、ともかくその方に「騎士」の勲章が贈呈された。

3_2

なるほど、こういう場合にも勲章が授与されるのか。分かりやすい讃え方だ。賞状なんかと違ってかさばらないから、リビングの飾り棚みたいな場所に置いておくこともできると、妙なところで感心した。

 とはいえ、何となく違和感をぼくは感じる。

 ここニースだけでなく、バタクラン劇場やシャルリ・エブドその他でも悲惨な事件が起こっている。そういった場所でも周年追悼式があるのかどうか寡聞にして知らないが、あるとすれば、それらにも共和国大統領は欠かさず出席しているのだろうか。

 複数の民間人が犠牲になった襲撃事件が発生すると、マスコミはすぐにテロだテロだと騒ぎ立てるが、政治的な意図あってのテロであれば、即座に犯行声明を出さなければ意味がない。

 シャルリ・エブド事件はそういう意味では分かりやすかった。メッセージは明確だった。
 でも、その他の事件ではどうだったのか。便乗と見られても仕方の無いようなタイミングのずれたところでISが犯行声明を出したりしてるということになっている。このニース事件も、ぼくの知る限りでは背後関係は明らかになっていない。

 にもかかわらず、なぜ「ニース」だけに焦点を合わせるのだろう。
 社会不安を掻き立ててトクするのはどういう連中なんだろう。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

パリ 7月14日 2017年 その2

 軍事パレードが始まり、マクロンはとても満足そうな顔をしていた。
 これだけの軍隊をオレは掌握しているのだと実感したからなのかそうでないのか、うかがい知る余地もない。が、そう感じても不思議はない。それが権力者というものだ。若ければ若いほど。

 シャンゼリゼ通りを東に下ってくる軍隊の閲兵式は、コンコルド広場で行われる。今年はその場に米国大統領とその婦人の姿・・・ご婦人のファッション、ちと場違いでは?

0

 そして、軍事パレードの先頭が、なんと

21917

 ぼくの聞き違えでなければ、これらの車両は1917年、米国軍が使用したもの。
 1917年と言えば、第一次大戦で米国が対独欧州参戦を実行した年。今回米国大統領が招かれたのは、その百周年という含みがあったんだって。

3

 さて、お馴染みのエコール・ポリテクニーク(École polytechnique)登場

4

 エコール・ポリテクニークは理工科大学とかいう名で日本では紹介されているが、フランス国防省管轄下の技術将校養成のgrand école(大学校)
 以前にも書いたけど、universitéとgrand écoleとでは全然格が違うのでお間違え無きように。

5

 同じく大学校(grand école)のサン・シール陸軍士官学校(仏: École Spéciale Militaire de Saint-Cyr)。

7_2

 この学校はすべて士官候補生で、修士号を取得して、正式に士官として任官していく。

 見よ、この勲章を!

8

 さてはて華やかなのは、何と言っても近衛兵。

9

 彼らはこの姿で日常エリゼ宮を警護している。

 歩兵も空軍も、戦車なんかの重器類も行進を終わり、こんな風景となった。

10

 マクロンは、フランスと米国を分かつものは何もないと、ここで声高らかに演説した。
 ま、それはええんですけど、

 で、この場面、マダム・トランプが左手に持ってるものは何だろう?(写真上で左クリックされたし)

11

 その後彼女は「それ」を右手に持ち替える。
 んで、マダム・マクロンは彼女の左手と握手する。

12

 右手と左手の握手というのは、よく分からん構図。何か特別の事情があったんだろね、と「忖度」するしかない。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧