ニュース

2018年6月 9日 (土)

トクサイ

 「忖度」と並び、今では日本国民の人口に膾炙するようになってしまったトクサイ。
 ぼくが初めてこのコトバに接したのは三十年ほど前、購買勤務時代だった。

 入荷の受け入れ納品検査、さすがに全品チェックなんてやってられないから、一定基準に基づいたランダムチェック。そこで基準外品が見付かると、その納品ロットはまるごと返品か選別か、或いはトクサイ即ち特別採用か、となる。

 その基準は品質管理部門が決めるので詳しく知っているわけではない。ぼくが直接関わった範囲だけで言えば、トクサイは機能に直接関わらない基準外、たとえば外観に汚れがあるとかいったものに、へーしゃでは限られていた。

 「選別」というのは、不良が発見された納品ロットを全品検査に切り替え、適合品だけ選び出すもの。選別作業は基本的にメーカーの人間が品質管理部門と共にやるのだが、購買担当にも責任あるじゃねーかと、ちょいちょいぼくも選別に呼び出された。

 工場の片隅でシコシコ選別作業やってると、傍らにいたメーカーの営業担当が、「お宅の工場内で同じような加工をしてるけど、この程度ならオッケーになるのに、なんで私らだけ」とぼやいてたのを懐かしく思い出す。

 とまれ、トクサイとは受け入れ側が支障のありなしを判断する行為であって、納品側に権限はない。百歩譲って、仮に納品受け入れ側から納品者にトクサイ判断が許されていたにせよ(そんなんありえんけど)、納品スペックシートには正しく自社検査値結果を明記しなければならない。

 実際とは異なる数値の納品書を出すのは、誰が何と言っても「ウソツキ」なんである。

 だから、こういった事件の報道では、「ウソの書類が提出された」みたいな書き方の方がぼくらには分かりやすいのに、それをカイザンとかインペーとか、一般人にとって分かりにくいコトバを何故にマスコミは使うんだろう。

 モリトモ問題では逆に、「書き換え」が当初使われてましたねー。深掘りしながらよ~く考えてみよう。

 ついでだけど、政治関係の報道で「○×は遺憾の意を表明した」ってのをしばしば目にする。ぼくもそうだったんだけど、大半の国民はこれをゴメンナサイと謝っている表現だと捉えているだろう。

 「遺憾」って実は、「ワタシの意図とは違う方向に行っちゃったんですよねー、残念です」って意味合いなのね。裏返して言えば、「ワタシは悪くないんだけどぉ」。

 何だか話がとっ散らかってしまった。

 神戸製鋼だけじゃなく、日本「大手メーカー」のウソツキ体制が連続的に暴露されてきた今、made in Japanの輝きはどーなっていくんだろう。

 made in Japan「神話」の担い手は、「お天道様は見てござる」という昔ながらの倫理を頑なに貫いている中小・零細企業だったし、今でも厳然としてそうなのだ。

 一部有名企業の「ゼニだっせ~!」の振る舞いが、そういう人たちの真面目な努力を踏みにじるようなことにならないよう、心から祈りたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

ロボットレストラン

 中国のネット通販業者、京東集団が従業員がいない無人ロボットレストランの展開に乗り出すという日経の記事。

 そんなもんが通用するわけ無いだろうとハナからバカにしたんだが、「10秒で読む日経」というメルマガに実に秀逸なコメントがあった。

 曰く、「中国には二つの優位点があります」
 その二つ目には日本と同様、低賃金労働者の減少が挙げられていて、これはどうということない。

 一つ目に挙げられたのは、中共での「サービス業の質が極めて低い」ことだった。

 ぼくは中共で暮らしたことがないからその記事を鵜呑みにするしかないのだが、ロボットの応対は当初は稚拙だろうが、それでも、従業員が客に悪態をついたり舌打ちしたり、そんな酷いサービスに慣れきっている人々からは受け入れられる可能性は高いと言う。

 笑いました。
 「中国人」と一括りでの論評の是非はさておき、なるほどねと納得。

 というのも過日、中共に駐在している知人との会話が思い起こされたから。

 彼の国ではスマホ決済が燎原の火の如く席巻してるらしいが大丈夫なのかと尋ねたぼくの問いへの答えは、「あ、それはもう、絶対スマホ決済の方がええです」。

 単純に「便利だから」というだけではなかった。

 自販機はあるけど、使い物にならんのですわ。商品出てけーへん。
 で、偽札が多い。紙幣は信用できん。
 その紙幣の汚いこと。触りたない・・・

 でも、ぼくはフランス滞在中、クレカをスキミングされ不正使用された経験がある。

 そこんとこはですね、スマホで支払いするとすぐスマホ宛に決済通知が届くんですわ。不正使用されたらすぐ分かる。クレカよりよっぽど安心でっせ。

 妙に説得力があった。
 自分が恩恵を蒙っている環境を世界基準と勘違いしてはイカンのである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

コーヒーに発癌物質(?)・・・追記

 カリフォルニアで、コーヒー販売業者に対し発癌の危険性を表示していないという提訴が裁判所に認められたと以前書いた

 書いた当時ぼくは、判事がアホやと単純に思ってたんだが、どうも腑に落ちない。それで訴状判決文を探し出して読んでみた。すると、判決はみごとに法令に則っていたことが分かった。

 そこんところをきちんとフォローしてなかったので、今更ながらだが書き留めておく。

 本件、proposition65 (安全飲料水および有害物質施行法)というカリフォルニア州法が提訴の根拠となっている。

 そこには有害物質が800種類くらい羅列され(随時更新されているらしい)、こういうものを含んでいるなら危険性を告知せなアカンよと書かれており、その中で、アクリルアミドには発癌性の危険があるということになっている。

 発癌性の懸念あるアクリルアミドを含むコーヒーを提供するに当たり、消費者へその危険を告知していないのは違法であると、一人のlawyer(法律専門家)がスターバックスを始め数々のコーヒー関連業者を提訴し勝訴したというのが本件の顛末。

 最後まで抵抗して結局敗訴となったスタバを除き、マクドもその他名指しされた業者全てが判決前までに多額の示談金を支払っていた。

 なんで?

 判決文は22頁あり、長々とproposition65の解釈に費やされているが、conclusion は以下の二点だけ。

・(当法令によれば)被告にはその含有物質が有害でないという証明責任がある
・被告はその証明責任を果たすことができなかった

 つまり、コーヒーに含まれるアクリルアミドの量(割合)がどれだけであれば発癌の危険性がないか被告は証明できなかった。よって、被告の負け、というわけである。判事の判断が入る余地はない。

 このproposition65に関連する訴訟は、昨年一年間で700件を優に超え、和解金額総合計は3000万ドルを超えたという。提訴したlawyerの懐にその七割ほどが入ると、ここんとこはちょっとうろ覚え。

 法律というものがこれほどメシのタネになると知ってたら、ぼくも大学受験では法学部を目指してただろうに。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

アメフト日大vs関学「危険プレー」

 アメリカンフットボールの日大と関学の定期戦で、日大選手が関学のQBに危険なタックルをして負傷させた。

 よろしくない行為であることは明白だが、マスコミがこぞって騒ぎ立てるほどのことなの?学長まで呼び出して、どうしたいんだろう。はい、相手選手に怪我をさせろと(監督かコーチかが)指示しましたと発言したら、「じゃあ学長辞めろよ」で溜飲を下げて終わり?

 指示があったにせよ無かったにせよ、責任は実行者にある。
 アメフト部という閉鎖社会の中では指示があれば従うしかないという擁護論もあろうけど、大学生にもなって、やって良いことと悪いことの区別もつかないようでは。

 もし学長を吊し上げたいのなら、教育理念を問う方が理に叶っているような気がするのだが。

 被害者の父親が被害届を出したとのこと。何で負傷者本人ではなく「父親」なんだろう。
 本人は大学生である。幼稚園児ではない。

 所詮あちこちの記事のつまみ読みによる雑感であり、真相を詳しく知っているわけではないのでエラそうなことは言えないが、その過程でちょっと興味を惹かれたのが、私学助成金。

 「私立大学等経常費補助金取扱要領」の「4.補助金の減額等」にこうある。

 学校経営に係る刑事事件により役員又は教職員が逮捕及び起訴されたもの
 役員若しくは教職員の間又はこれらの者の間において訴訟その他の紛争があり、教育研究その他の学校運営が著しく阻害され、又はその機能の全部若しくは一部を休止しているもの

 内田前監督は常務理事すなわち役員なので、仮に「傷害教唆」があったとすれば、80億円とも100億円とも言われる補助金の減額や取り消しの怖れもあるようだ。

 日大は商学部の入学定員オーバー で補助金6億円を没収されている。ソースはFACTA ONLINE一本なので、真偽の裏取りはできてないけど、ここで更にまた補助金減額なんてことになったら大変だろうな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

米への輸入車にだけ20%の高関税案(?)

 そういう内容の記事を見かけ、へ?と思いながらweb検索してみた中の一つ、朝日新聞デジタル(2018年5月14日09時37分)ワシントン=青山直篤署名記事の見出しである。

 SankeiBiz では本文中に「米自動車メーカーの保護と、国内外のメーカーに対して工場を米国へ移すように促すのが狙いのようだ。」とある。

 最初単純に、自国メーカー保護かと勘違いしたが、そういうわけでもなさそう。

 5月11日付のBloomberg にのタイトルは、”Trump Tells Automakers He Wants Them to Build More Cars in U.S.” 
 日本のマスコミ記事と少々ニュアンスが違う。本文の出だしはこうだ。

President Donald Trump told top auto executives at a meeting in the White House that he wants them to build “millions more cars” in the U.S..

 ビッグスリーを含めた有力自動車メーカーをホワイトハウスに集めて「アンタらなー、米国内で雇用を増やさんかい!」と要求したわけで、なにも「保護主義的」国外自動車メーカーだけを標的にしたわけではなさそう。

As a candidate, he repeatedly attacked Ford over its decision to build an automobile plant in Mexico.

 日本のマスコミは、えらいこっちゃ、金儲けに支障が出ると、これは揶揄しすぎではあろうけど、ぶっちゃけて言えばそーゆー姿勢。報道重点の置き所にズレがある。

 トランプ氏は、手法の是非は別として、雇用を増やすという公約実現を強力に推し進めようとしている、ある意味誠実な政治姿勢の持ち主なのかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

コーヒーに発癌物質(?)

 「コーヒーには発癌性物質が含まれているのだから、コーヒー業者はその旨を消費者に明示しなければならない」。カリフォルニア州裁でそのような判断が下された、とマスコミ各社が報じた。

 ”アクリルアミド コーヒー”で検索すれば幾らでも出てくるから詳細はweb記事をご参照あれ。

 その「アクリルアミド」が発癌性物質ということになっている。それが何者か、手軽に知りたければ農水省の「食品中のアクリルアミドに関する情報」という記事をご覧あれ。
 コーヒーだけではなく、緑茶やポテチ、その他120℃以上で加熱(焙煎過程を含む)すれば、多かれ少なかれ食品中に発生するものらしい。

 日本人は以前は焼き魚を好んでいたし、中華料理は強い火力でざっと炒めるのが特徴なんだが。ステーキだって、焼いている最中の表面温度は120度以上にはなるだろう。

 反対に、茶やコーヒーは抗酸化作用で発癌を抑制するという知見も世の中にはある。

 何かしら一点だけ取りだして動物実験した結果を大仰に振り回すのも、どんなものか。

 後日追記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

フランス大統領マクロン 大晦日の「演説」

 大晦日の夜八時(現地時間帯)に、仏国大頭領マクロンが国民に向けてVœuxを表明してた。

 タイトルではVœuxを「演説」としたが、演説と言ってしまうと何やら上から目線のようになってしまう。vœux とは、「強い希望と決意」という意味合いであって、適当な訳語を思い付かなかったのは、ぼくの語彙力の貧困さと思し召されたい。

 17分ほどに及ぶvœuxなので全訳は冗長だから、せめて冒頭部分だけでも紹介する。
 彼我の国家首脳の渾身込めたdiscoursに、違いを見るか同じもんやんけと感じるか、いかがであろうか。

 年の終わりに当たり、あなたがた(←敢えて「皆さんに」と訳さない)に新年2018年へのvœuとお祝いを述べることを嬉しく思う。

 (本来クリスマス休暇で家族と過ごすべき)今日も働いている人々がいることを私は知っている。軍役であったり、医療関係者であったり運搬中であったり公共の業務中であったり。そういう勤務に就いている人々に感謝する。

 今、孤独や苦しみや病の中にあり辛い思いをしている人々がいることを私は知っている。そういう中にある人々も我らが国家の一員なのだ。

 2017年は終わる。その回顧に時間を割くつもりはない。今年は選択の年だったとか、フランス国民の選択とそれに伴う苛立ち、私に対する要求と期待を私は心の底から理解している(pleinement conscient)とかいうような。

 今年五月の大統領選挙で選ばれて以来、私は選挙戦で約束したことにひたすら打ち込んできた。(je me suis attaché à simplement faire ce à quoi je m'étais engagé)。

 首相も閣僚も、一新された議会と共に公約を実現する任務に当たってきた。2017年のあなた方の選択で、あなたがたは政治を大きく刷新し、わが国の将来への根本的な変革に同意した。それはあなた方各々にとって、我々の子ども達のための学校や、我々みんなの労働や、環境に関することであった。始動したこれらの根本的変革は、同じ勢い、リズム、力を以て2018年も継続する。

(中略)

 私はあなた方が私に託したことを実行していく。フランスをもっと強くもっと公平にすること、我々の国を世界の変革に適応していくだけでなく、あるべき姿となすために (以下、略)

  

池上彰「政界 悪魔の辞典」に曰く。

【公約】投票前は多くの人に知ってほしい。選挙後は早く忘れてほしい。

 これがぼくら日本人が「政治家」を眺める大方の姿勢なんだよね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

中共のアフリカ攻略政策

 アフリカの取り込みに中共はそこまで遠くを見据えて政策を講じているのかと驚いた、FR2の報道だった。

 サブサハラ地域が既に経済的に中共と深いつながりを持っているのは周知の事実で、中共側の目的はもちろん資源確保。

 その政策の一環として中共が力を入れているのが、アフリカ各国の学生の取り込み。今年は五万人のアフリカの若者が政府の奨学金を受けているという。受給者はここ十年で二十倍以上になった。

 「中共は彼らを惹き付けるためになんでもやる」というこのニュースの下りが”L'Empire du Milieu fait tout pour les attirer.”と、常のChinoiではなく、”L'Empire du Milieu”と表現されたのは興味深い。まんま英単語に置き換えれば、Empire of Center(中華帝国)とでもなろうか。

 留学生には月額430ユーロ(彼の国の物価レベルで!)が支給されるばかりでなく、食堂、家賃は無料。
 最初に学ぶのはもちろん中国語で、二年もすれば流暢に喋れるようになる。

Photo_6  

 優遇された環境の中で勉強できた若者達が中共にシンパシーを持たないわけがない。
 中共で商業や経営学を学んだアフリカ各国の若者たちは、故国に帰ればエリートの一角を占めることになる。彼らは故国と中共の絆を深めることしか考えなくなるだろう。

Photo_7

 帰国したらぼくは中共企業で働くことしか考えていないと、この若者はインタビューに答えた。

 中共はほんの少し前までは貧しい国だったのに、経済は今やロケットのように跳ね上がり、高度先端技術に大量の資金を投下するまでになった。

 これまで取り残されてきたアフリカ諸国の若者達が、中共の変化を目の当たりに見て、わが国でもいつか、と夢を持たないわけがない。

 豊富な地下資源を確保するためには、札束だけ持って乗り込んでも国際金融資本に太刀打ちできるはずもない。そんなあからさまな成金主義でなく、今後経済活動の中で将来主要な地位を占めて行くであろう人材を、中共贔屓として育てていく政治戦略に舌を巻く。

 ところで、なんだけど、一時期流行った「おもてなし」という言葉には、「わざわざ来てくれた人はそれなりに迎えて上げましょう」という意味合いしかなく、積極的に呼び込む力はない。

 東京オリンピック誘致の時に日本国内で盛り上がったこの「おもてなし」というセリフを苦々しく感じたのを、筋違いではあるけれど、ふと思い出した。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

毛生え薬 propecia プロペシア

 FR2で「育毛薬propeciaにフランス当局が警告」というニュースが流れた。

Photo

 薄毛に悩むフランス人は多い。

Photo_2

 その処方薬の一つがpropeciaなのだが、3万人が危機にさらされているとフランス医薬品・保健製品安全庁(ANSM=L’Agence nationale de sécurité du médicament et des produits de santé)が警告している。

Photo_3

 性欲減退を引き起こす可能性があることは知られていたが、五年ほど前から異なる副作用の訴えが出始めてきた。
 鬱病、引いては自殺に至る危険性があるという。

 この女性は語る。危険性は知らされていなかったと。

Photo_4

息子が25歳で自らその生涯を断った。

Photo_5

 2年半プロペシアを服用してきた。その間、副作用が多々あったが、医者はなんら警告することはなかった。気力がなくなり記憶力が著しく衰えて5分前のことが思い出せないほどになったのにと。
 この母親は提訴を考えている。

 このニュースを見て当初、副作用が出たのならやめれば良かったのにとも思ったが、いろんな薬屋サプリメントを服用している人は多いから、どれが原因なのか素人に分からなくても仕方がない。

 でも、皆、なぜそんなにハゲを気にするのだろう。(或いは、蔑むのだろう)

 ぼくは二十歳の頃から既に脱毛が始まっていて、知人からはハゲと揶揄されていたが、さして気にも留めなかった。
 頭髪も陰毛も、それがなければ実質的に困ることがあるのだろうか、と。

 頭髪は体内の重金属を体外に出すという話を昔どこかで読んだ気もするし、陽射しが強いと頭皮に直接日光が当たり日焼けしてひりひりするので、それなりの働きはありそうだけど。

 二十年以上前、残業していたぼくを上司が突然呼び、「おまえ、これ試してみろ」と毛生え薬を二瓶目の前に置いた。商品名は忘れたが、ミノキシジルを成分とする薬品で、当時はアメリカでしか販売されていなかった。

 米国出張でこれを見付けた、効果があるようなら次の出張の時に社長への土産に買って帰りたいが、効果の程が分からん、おまえはちょうど良い実験台だ、といいうわけである。

 それは、ありがたいことでと手を出したら、カネは払えと言われた。値段は覚えていないが、一瓶五千円以上したのではなかったか。

 アンタの社長へのゴマすりのために、なんでぼくが購入代金を払わねばならんのかと釈然としない思いはあったが、興味がないわけでもなかったので応じることにした。

 結果は散々だった。

 暫く頭に擦り込んでいるうちに頭皮がボロボロになり、頭を下げただけでそのかけらがばらばらと落ちるようになった。半分も使わぬうちに、未開封の瓶と共に捨てた。

 しかし、ハゲというのは、周囲にはずいぶん哀れに見えるのだろう。

 今度は、中共に出向していた知人が「101」という、当時有名になっていた毛生え薬を、これはお土産として、ぼくにくれた。

 後日効果の程を尋ねられ、アカンみたいと答えたら、次の一時帰国の時に違う「101」を持ってきてくれた。複数のバリエーションがあるらしく、その後また別バージョンを持ってきてくれたのだが、いずれもぼくの頭髪が再生することはなく、それきりで終わりになった。

 豊田某という議員が秘書に放った「このハゲ~!」というセリフが何故にあんなに繰り返し取り上げられていたのか、ぼくには不思議だった。

 会話の中でぼくは、自分で自分のことを平気でハゲと言う。
 すると相手は決まって、あたかもパンツの中に蒟蒻が潜り込んででもきたかのような、もじもじと居心地の悪い困ったような表情になる。

 、「ハゲ」という語が禁忌扱いされているのだとすれば、やっぱりどこかに差別意識があるんだろうな。

 ハゲなんて見てくれだけのことなんだから、毛生え薬に投じる資金があるなら、カツラが一個二~三千円くらいで買えるようにしてくれたらいいのに。

 そうなればぼくは五種類購入して、月曜火曜と日替わりで出勤する。
 ぼくの頭を見ただけで今日は何曜日かすぐに分かるから、世の中のためにもなると思うんだが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

北朝鮮のミサイル

 北朝鮮がミサイルを発射したり核実験したりすると、日本のマスコミはなぜ今日にでも日本が攻撃されるような騒ぎ方をするんだろう。

 核兵器なんて、米国を筆頭にイスラエルだって、パキスタンに至るまで持っている。なぜ北朝鮮が核兵器を持ってはいけないのだろう。彼らが大量破壊兵器を持つことを推奨つもりは毛頭無いけど。

 もし北朝鮮が日本やその他の国を(核兵器を含め)先制攻撃したいのだとすれば、その結果何を得ることが目的となるのだろう。仮に日本列島を焦土化したいのだとすれば、それで彼らが手に入れられるものは何なんだろう。米軍に被害が及ぼうものなら、即フルボッコになるのは必定なんだし。

 日本のマスコミが過剰に騒ぐ理由があるとすれば、「あそこの指導者は何をするか分からん!」という思考停止のヒステリーに耳目を集めてしばしの日ゼニを稼ぐ算段しか見当たらない。

 それとも、「だぁからー、わが国も防衛施設をもっともっと拡充せんと」というプロパガンダの一環?

 後者の場合、「だぁからー、高性能の兵器を米国からもっともっと買い入れなぁアカンでしょうが」という流れになってしまいそう。

 「由々しきことである」と眉をひそめてコメントする「知識人」たちは、米国の軍事産業輸出の片棒を担ぐセールスマンではなかろうか・・・とは言い過ぎかな?

 北朝鮮の「脅威」に「経済制裁」を強化するとの流れに日本国政府も同調している。

 本来、支那事変でしかなかった事態が太平洋戦争へと発展した根本要因は何であったか。

 ABCD包囲網で原油の供給を絶たれてしまい、最早このままでは・・・と、無謀を承知で窮鼠猫を噛む挙に出たためではなかったか。日本占領軍総司令官マッカーサーですら、上院議会で日本が太平洋戦争に打って出たのは理由のあることだったと認めている。

 中共や韓国が日本を非難する常套文句「歴史に学ばない」。彼らが言う方向とは別に、そういう素質がわが国の為政者にあるような気がしてならない。

 北朝鮮なんかより、日本という国土も国民も全てなくなってしまえば、太平洋方面に自由に覇権を広げられるという目論見を持っている国がすぐ傍にあることに注意する方がずっと重要だと思うんだけど。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧