暮らし、雑感

2017年8月 5日 (土)

ユートピア utopia

 ユートピアが何なのか改めて考えたこともなかったが、「全世界史講義」(出口 治明)の中に、ギリシャ語のユー(無い)+トピア(場所)、トマス・モアの造語とあった。
 「あり得ない場所」とでも解釈するべきなのだろう。

 「無い」&「場所」と言えば、当然ビートルズの”Nowhere Man”が思い起こされるが、歌詞を思い出してみるとちょっと違うかなー。
 ”Neverland”てのはこれに相当するんだろうか。

 トマス・モアの「ユートピア」はタイトルは知っているが読んだことない。
 Encyclopædia Britannicaによれば、キリスト教にガチガチに縛られていた16世紀の英国に対する批判で、理性が支配する世界こそが理想郷、共産主義的な思想とあったので、ぼくらが勝手に想像する「楽園ユートピア」とはどうも趣が異なっている。

 日本語版wikiによるユートピア解説の一部。

ギリシア語の οὐ (ou, 無い), τόπος (topos, 場所) を組み合わせ「どこにも無い場所」を意図とした地名と説明されることが多いが、記述の中では Eutopia としている部分もあることから、eu- (良い)と言う接頭語もかけて「素晴らしく良い場所であるがどこにもない場所」を意味するものであったとみられている。

 ”prefix eu”で検索してみたら、確かに「ええモン」という意味はあるようなのだが、「部分も」って、何かしら腑に落ちない。単なる誤植じゃないのか?

 ふとeuropeで調べてみたら、フランス版wikiにこうあった。「”eur”に当たる部分は広がりを示し、”ope”は視界の届く限り」

Selon une étymologie purement grecque, « Europè » (εὐρώπη) provient de deux mots grecs : eurýs et ṓps. Le premier, εὐρύς, signifie soit large, qui s'étend en largeur, soit vaste, qui s'étend au loin3 ; le second, en grec ancien ὤψ, signifie soit regarder en face, regard, soit œil.
https://fr.wikipedia.org/wiki/Europe

 「ユーラシア」の綴りは、”eurasia(フランス語=eurasie)”。
 europe+asia(asie)。
 Europeって、ギリシャ神話の女神エウロペ(エウロパ)が駆け回っていた地域で、そこにアジア大陸をくっつけたのがユーラシアであったのか!

 そこでまた思い出したのが、学生時代に読んでいた雑誌のタイトル「ユリイカ」。
 アルキメデスが風呂に入り、溢れた水を見て”Eurêka”と叫んで裸で走り回ったという伝説に由来するものだが、語の成り立ちまで立ち入る気にはなれなかった。
 酔狂な方はここを参照されたし。

 人生残された時間はそう多くはないのに、相変わらずこんなバカな調べ物ばかりしてる自分を、つくづくアホやと思う(反省はせんけど) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

人工知能は遺伝子(プログラム)と子育て(データインプット)で育つ

 笑えた。
 中共のweb大手、騰訊(テンセント)が人工知能(AI)チャットプログラムを公開したところ、このボットが共産党批判を展開したという。

ユーザーが「共産党万歳」と書き込んだところ、AIは「かくも腐敗して無能な政治にあなたは『万歳』ができるのか」などと反論した。(等々)
(産経web http://www.sankei.com/world/news/170803/wor1708030008-n1.html) 

 マイクロソフトの「Tay」と名付けられたチャット・ボットも同じような騒ぎを起こした。公開後間もなく、ヘイトメッセージやナチス礼賛を紡ぎ出すようになり、一日も経たないうちに閉鎖に追い込まれている。

 双方手口は至ってシンプル。特定の文章を大量に「AI」に流し込めば良いだけで、それに気付いた一部ユーザーが随分熱心にこれらのボットを「教育」したと推察される。

 つまり、プログラムは正しく組まれていたわけで、ここから先、「教育」の結果をどう「成果」として表現させるか、プログラマーにとって多分そう難しくはない課題。反応すべき方向付けをしてやれば良いだけだ。

 と言うより、web上のメッセージを解析して、それに応じた偽ニュースを流す手法は既に確立されている。先日の米国大統領選挙期間中にも既にそれらは活躍していたようだ。

 facebookやTwitterで無防備に垂れ流され続けいる大量のメッセージは、そういった方向付けを目論むボットの格好の「食事」となっているのだろう。

 片時もスマホを手放さないSNS中毒者達は、自分が今所属している「群れ」は自分で選択したものだと信じている。だから、それらの「群れ」の中で交わされる文脈に沿ったメッセージであれば、受け入れる準備は潜在的にできている。
 そういった人々を扇動するのに、もはや大した労力は必要ない。

 情緒的な短文メッセージ交換や”like (いいね!)”ボタンの発明は、大衆扇動のための下地づくりであった、とまで断じるのは行き過ぎなのかも知れない。

 が、少なくとも結果として、これらの仕組みは、洞察と思考の面倒さに背を向け、脊髄反射的に反応する人々を効率よく且つ大量に育てている。

 経済的貧困層を膿み出している現代社会において、思考的貧困層もまた、密かに作られつつあるような気がする。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」 NHK

 「AIのご託宣」的な番組には、基本的に興味がない。

 どんなデータを使い、どのようなアルゴリズムで計算結果が出てきたのかぼくには皆目分からないからだ。手法も経緯もが分からないのに「さあ、どうだ、まいったか!」と結果だけ示されても、ぼくにとっては辻占いと同断でしかない。

 にもかかわらず、ちと見てみるかという気になったのは、この番組に対する批判が結構多いという記事を目にしたからだった。へそ曲がりの面目躍如って?

 NHKの放送なのでアカンやろなと思いつつも検索してみたら、youtubeで第一話を視聴できた。放映後、未だ日が浅いせいかもしれない。

 NHKが開発したプログラムに、5000種類、700万件のデータを投入して導き出されたのがこれだ!という謳い文句。
 アナログ文章で「てにおは」を書き間違えても、人はほぼ正しく文意を読み取ることができるのに、プログラムなんてのはたった一文字間違えただけでもバグるんだよ・・・てなナナメ後ろ回し蹴りはさておき。

 最初のお題は、「病院のベッド数が減れば病人は減る」という意味合いの、NHK製AIのご託宣だった。

 批判的な目で眺めるならツッコミどころは勿論満載だったのだが、その中で目を引いたのは「病床数が減るとバナナの売り上げが伸びる」というご託宣。バナナに含まれるカリウムが塩分排出を促進すると老人が話す夕張市でのルポを提示しながら、これは一例であって、何処の共同体にも当て嵌まるわけではないと局アナが言い訳がましいコメントを垂れてはいたんだが、そういう結びつけ方もあるのかと妙に納得した。

 そういうかけ離れた事象を水平に眺められる一般人は殆どいまい。
 意味があるか無いかはともかく、因習にとらわれて初めから考慮対象外と切り捨てていた一手が、意外に面白い展開を見せてくれることもあるかも知れない。藤井聡太四段がコンピュータ将棋から学んだのは、そういうものだったんだろうか。

 そういう意味合いで、相関関係がある「かもしれない」視点を多数提供してくれるという点では、ここで使われたプログラムは一助にはなったろうが、何となく因果関係として語ろうとするコメントが多いのが気に掛かった。

 ところで、「病院のベッド数が減れば病人は減る」というお題は、そのプログラム自身がこの通りの文章として紡ぎ出したものだったんだろうか。それとも、プログラム自体は何らかの相関関係を示しただけで、それを「因果関係」の文章にしたのは、NHKだったんだろうか。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

半導体内蔵ソーラー歯ブラシ ソラデー:(SOLADEY)

 歯が痛み出して歯のクリーニングに通い出したという記事を前回書いたが、これには不幸な過去の経緯がある。

 もう随分前のことだが、実は定期的に歯科医検診を受けようと決心した時があったのだ。
 その頃、自分の歯は自分で守らねばという気になっていたので、併せて良い歯ブラシを探してもいた。

 たまたまソラデー:(SOLADEY)という、太陽電池+半導体で歯垢を分解するとの触れ込みの歯ブラシの広告を目にした。当時、千円台後半だった。

 胡散臭い感じは、した。ホンマに謳い文句通りなら、世間に広く知られている筈だが、取扱店は限られている。何で?

 とは言え、ぼくも営業畑の人間。小売店というのは必ずしもエエモンばっかり扱っているとは限らないことくらい知っている。当たり前だけど、利益第一。

 発売元のシケンって会社の名は知らんが、単に営業力がないだけかもしれない。
 せやけど、パチモンの可能性も捨てきれんしと、暫し迷った挙げ句の結論が、「ホンマに謳い文句通りなら、乾電池もいらんし、絶対買い」、もし騙されたとしても二千円程度なら、あ~ぁ、であきらめも付こうというもの。

 てなことで、扱っている店を探し回り、ようやく手に入れた。

 結果は驚くべきものだった。
 歯の表面のザラザラ感が無くなったのである。

 このソラデーを使い始めて間もなく、会社で歯科検診があった。

 その一年前、「この会社健診で所見ありと診断が出れば、歯の清掃の費用は保険適用になる」と聞いていた。今回も間違いなく「所見あり」の筈だから、これを以て定期健診の足がかりにしようと考えていた。

 その日、ぼくを診てくれた若い歯科医が独り言のように呟いた。「一分程度しか歯磨きしない割には、随分綺麗だ」と。

 ここがぼくの不幸への分岐点だった。この一言さえなければ、ぼくは歯科定期健診に行くつもりになっていたのだ。

 ところがここで、なんだ、ソラデー使ってりゃ充分みたい、歯科医に無駄なカネ払う必要もないかと、そう思い込んでしまったのである。

 個人的な使用感で言えば、ソラデーは間違いなく歯の表面は綺麗にしてくれる。でも、歯周ポケットにまではその効果が及ばないということに気付かなかったぼくがアホだった。

 かくて今日の体たらくとなったわけである。せめて歯間ブラシを併用していれば良かったんだろうけど。

 とまあ、半分ソラデーの宣伝のようなことを書いてきたが、別にステマでもアフィリでもない。
 そもそもこんな寂れたブログでステマしたところで販促効果なんかありゃしない。

 でも、縁あって興味を持たれた方は、「シケン  ソラデー」で検索されたし。
 シケン という会社は、大阪市天王寺区寺田町にある。

 尚、「ソラデーリズム」という音波ブラシもある。当然ぼくは持っているが、価格は二万円近くと、決してお手頃ではない。また、電動歯ブラシというのは意外と使い方にコツがいる。上手に使えば元は取れるだろうが、歯槽ポケットにまで有効とはいかないようなので、ぼくと同じ過ちに陥らぬよう気を付けられたし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

歯医者通い

 二ヶ月毎に歯医者に通ってる。歯の洗浄のためだ。
 自発的に定期洗浄を思い立ったわけではない。

 奥歯の付け根が腫れて痛み出した。この疼きは自然治癒しそうにないと見当を付け、歯科医へ駆け込んだ。痛みが来たのは、その昔大枚を叩いて保険外施術を受けた部位だった。

 折角の金冠だけど、患部を治療するには金冠を外さにゃならん、或いは抜いてしまうかという見立ての後に、おきまりのインプラント推奨。でも、あたしゃインプラントは嫌です。「大枚」の一部である金冠をあたら藻屑にしてしまうのも惜しいと、さもしい根性も加勢し、何とかならんかと医師に縋った。

 それじゃぁということで、患部根本にレーザーで穴を空け膿を絞り出すという応急処置でその場は乗り切った。

 歯科医が言うには、この措置で完治は無理、できるのは、自己治癒力に頼りながら、今後悪化するのをできるだけ先延ばしする延命策だけ。そのためには定期的に歯周を洗浄しなけりゃならん、と。

 ま、そんな経緯で二ヶ月毎に歯医者通いする身となってしまったわけである。

 塩を含んだ強力ジェット水流を噴射されると、口内は血だらけになる。歯のエナメル質には影響ないとのことだが、歯茎へのダメージや如何。

 一回の措置で千六百円~二千円。健保で三割負担だから、十五分程で、歯科医には七千円前後、時給換算で三万円程が転がり込む勘定・・・という他人様のフトコロ勘定はさておき。

 一ヶ月やそこらで歯石が堆積するものでもなかろうと実は訝ってたんだが、個人差があって、早い人だと二週間程度で歯石が形成されるらしい。

 歯の状態を素人が正しく把握するのは不可能。多少の出費があっても、定期クリーニングはした方が良いみたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

chef (シェフ)

 chef (シェフ)という語は、日本ではもっぱら「料理長」として使われているようだが、本来的には「軍事・行政の指示を下す者」。下って、一般的には何かしらの「組織の長」という意味合いで使われる。
 だから、会社組織で言うなら、社長以下、部長とか係長とか課長とか、みーんなそれぞれのユニットのchef。

 この7月14日の軍事パレードでマクロンが「Je suis chef de l'État ( I am "chef" of the State=私は国家の長である)」と発語したのには、ちょっとびっくりした。

 フランス人の感覚では多分当たり前に聞こえるんだろうが、当たり前だからこそ、こんなところでそんなに気張らんでもええんちゃうの?というのが、万事控えめなぼく(失笑)の感想。

 ルイ14世が言ったとされる「朕は国家なり」は、「l'État, c'est moi (State, it's me.)」。ニュアンス的にちょっと違う。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

パリ 7月14日 2017年 「ニース」から一年

 大勢の人々が花火見物をしていたプロムナード・デ・ザングレ(イギリス人遊歩道)に大型トラックが突っ込み、死者84人、200名以上の負傷者を出した大惨事は、一年前のフランス国民祝日の7月14日の夜、ニースで発生した。

 今年、軍事パレードが一通り終わったところで、コンコルド広場では「NICE」という人文字が描かれた。(手前=下の三色テントの下にフランス大統領以下来賓がおわします)

0_2

 ニースでは一周年の追悼式が行われ、フランス共和国大統領も勿論出席した。軍事パレードが終わるやニースに飛んだんだろう。

 ニースではこんなことをしていた。
 何やら貼っている。

1

 次々に貼っていく。

2

 このハート型が完成すると、この事件で亡くなった犠牲者の名が全て表示されるという仕掛けになっている。

 かの暴走トラックに立ち向かった、警官だったかどーゆー人だったか聞き漏らしたが、ともかくその方に「騎士」の勲章が贈呈された。

3_2

なるほど、こういう場合にも勲章が授与されるのか。分かりやすい讃え方だ。賞状なんかと違ってかさばらないから、リビングの飾り棚みたいな場所に置いておくこともできると、妙なところで感心した。

 とはいえ、何となく違和感をぼくは感じる。

 ここニースだけでなく、バタクラン劇場やシャルリ・エブドその他でも悲惨な事件が起こっている。そういった場所でも周年追悼式があるのかどうか寡聞にして知らないが、あるとすれば、それらにも共和国大統領は欠かさず出席しているのだろうか。

 複数の民間人が犠牲になった襲撃事件が発生すると、マスコミはすぐにテロだテロだと騒ぎ立てるが、政治的な意図あってのテロであれば、即座に犯行声明を出さなければ意味がない。

 シャルリ・エブド事件はそういう意味では分かりやすかった。メッセージは明確だった。
 でも、その他の事件ではどうだったのか。便乗と見られても仕方の無いようなタイミングのずれたところでISが犯行声明を出したりしてるということになっている。このニース事件も、ぼくの知る限りでは背後関係は明らかになっていない。

 にもかかわらず、なぜ「ニース」だけに焦点を合わせるのだろう。
 社会不安を掻き立ててトクするのはどういう連中なんだろう。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

パリ 7月14日 2017年

 フランスの革命記念日。
 第一次大戦19017年に米国が援軍を出兵した100周年記念として、今年はトランプ夫妻が招待されていた。

 パリで一度目にして以来、ぼくはこの軍事パレードに結構病み付きになってしまってる。
 二時間半のフル中継をyoutubeで見付け、初めから最後まで見てしまった。

 その中でぼくの興味を引いたのは、パレード終了後の、新大統領マクロンの演説だった。

 オランドもサルコジも、歴代フランス大統領も同じようなことを喋っていたのかも知れないが、その内容なんてついぞ気にも掛けなかった。

 今日たまたま引っ掛かったのは、憲法九条改正議論(ぼくは推進派)が頭の片隅にあったせいなのだろう。安倍サンもこれっくらいの演説ができれば、なぁ、と溜息が出た。

 てことで、マクロンのそのdiscoursをご紹介。

 フランス本土、海外県、そして外国在住の親愛なる市民諸君。
 この7月14日、我々はフランスを祝おう。我々を一つに結びつけるものを祝おう。自由という名の独立を、一人ひとりに与えられる平等を、思いやりの心の友愛を祝おう。

 フランス国民の活力と意志が我々の歴史を築いてきた。
 1789年7月14日はフランスの歴史が始まった日ではない。いかなる信条ならば従っていけるのかを民衆が示した日だ。
(略)

 不安定な社会において、民主主義、思想の自由、宗教や肌の色・性別・意見で差別されない権利、また安全な暮らしや子どもたちの教育への権利は自生しているわけではない。
 それらを守ることを、自らの生命の危機を賭すことも顧みず選択した男たち、女たちが、ここフランスにいる。

 その男たち女たちは我々の、兵士であり、警察、消防隊、武装警官、税関たちだ。彼ら皆が我々を守っている。今日という国家の祝日に彼らが行進するのは、彼らが自由と権利を守る兵士であるからだ。

 彼らの忠誠心、献身、力が、我々が選択した秩序を保証してくれている。彼らに感謝したい。国家を挙げて感謝申し上げる。時にはそれが血で購われることも、私は知っている。

 フランス国家のために死んだ人々、残された寡婦、子どもたち、両親、親族がいることを、私は知っている。
 親愛なる市民諸君。この百年間、フランスは子どもたちを守ってきた。難民やテロ犠牲者の子どもたちも守ってきた。
(略)
 本日出席の傷痍軍人各位(略)私たちはあなた方の偉大なる犠牲を忘れはしない(略)。

 今日という記念日に、我々は決して忘れてならない責務がある。
 それは、我々が権利獲得のために支払った代償であり、また、それらを守るためにこれからも支払わなければならない代償があるということだ。何故なら、それこそが我々をフランスという一つの国家に結びつけ、今のフランスを形作っているからだ。

 全てのフランス人、フランスを選んだ人々、フランスを愛する人々に、今日という記念日が、和やかで喜びに満ちた日であることを祈る。

 共和制よ、永遠なれ、フランスよ、永遠なれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

<アニメ> GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

 「どーぞ」って知人が貸してくれた。
 テレビ放送を丁寧に録画編集したDVD-Rである。

 アニメって さー、絵が汚いからねーと話してたら、いえいえ、今どきのアニメはなかなかのモンでっせと「ガールズ&パンツァー」を貸してくれたのが彼だった。これにはハマった。戦車の動きのリアルさに随分興奮して謝辞を述べたからだろう、「これもエエですよー」と持ってきてくれたという次第。

 「ガールズ&パンツァー」と同様、このアニメ作品も実にリアルな描写を見せてくれる場面がある。アニメ・キャラも筋立ても、演出も素晴らしい。

 カンペキにハマって日曜の早朝から一気に12話ぶっ通しで見てしまった。

 東京のど真ん中に異世界への「GATE」が突如現れ、陸上自衛隊がその異世界へ・・・という筋立て。海自でも空自でもなく、陸自をメインにしているのは、本土防衛への作者の思い入れか。

 「GATE」の向こうの世界は中世期風で、当然陸自の方が圧倒的に重火器装備で勝っているわけだが、大量殺戮の場面がちと気に掛かった。そこに目を瞑れば、よくできている作品。

 同じ彼が貸してくれた録画DVD-R「No Game, No Life」は、人生哲学に通じるような内容。来月劇場映画が登場するらしいから、人気の程がうかがえる。

 どちらもyoutubeで視聴できるけど、海外のサーバー保存みたいなんで、at your own risk で どーぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

保育園落ちた日本死ね

 半年前に書いてそのままお蔵入りにしてた記事を掘り出してみた。

・・・・・・

 「保育園落ちた日本死ね」って、2016年の流行語大賞に選ばれたんだって?

 それ知らんかったし、「投稿」の内容全部をワシ知らん。
 で、先ずは「匿名投稿」の原文を知っとかなきゃねーと探してみたら、あまりに下品な文章なのでげんなりした。

 ところが、表現は極めて下品ではあるけど、ただのアホが書いたものでもなさそう。文章構成がしっかりしているのである。

 その上、

    何なんだよ日本。
    一億総活躍社会じゃねーのかよ。

 保育園って地方行政の管轄。いきなり国政に話しもっていくかー?

    どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

 「母子家庭なんよ、収入源立たれて生活できなくなっちまう」ってのなら共感してもいいけど、「活躍出来ねーじゃねーか」っていうコトバに違和感持つのはわし一人だけなのかなぁ。

 他にも並べ立てられている国政への罵りは、よほど政治に関心がなければここまで紡ぎ出せないのではないか。

 この「匿名投稿」に対する、披露した国会議員の自作自演なのでは、との疑惑も一笑に付せないような気もする。

 そこでふと思い出したのが、吉祥寺の保育園新設「反対」運動」。

 読売新聞は住民エゴと簡単に決めつけ、市会議員も「えろう恥ずかしいこって」とコメントしたようだが、実際は、

どの報道にも触れられていないが、実は反対運動の先頭に立っている70代の女性は9月27日に陳情書を市議会に提出している。
 陳情書の表題は「『平井医院跡地』市有地及び南町3丁目市有地などを活用し、『緊急待機児童解消に向けて、公募選定での地域から信頼の置ける事業者による認可保育所設置』を求めることに関する陳情」。
 陳情は今月21日に同市の文教委員会で継続審議となったが、陳情書にある2つの代替地のうち「平井医院跡地」(吉祥寺東町1丁目)は、反対運動の先頭に立っていた女性宅の目と鼻の先にあるのだ。
産経 http://www.sankei.com/premium/news/161123/prm1611230017-n1.html

  「事実」が一体何処にあるのか、わしら庶民には見えにくくなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧