お食事処

2014年6月 7日 (土)

フランス 価格破壊の10ユーロレストラン 

 10ユーロといえば、昨今の為替相場で円換算すれば1400円。

 昼食でこのお値段のどこが「価格破壊」じゃ!」と怒ってはならない。フランスの物価は日本円換算基準じゃないんだから。

 とエラそうに書きながら、フランス・フラン40円の時代に渡仏した時分、先達に20フラン程度で食える飯屋はないものかと尋ね、あきれ果てた顔をされたことを思い出す。

 そんな個人的な思い入れはともかく、FR2がわざわざ「prix cassé 価格破壊」と報じたんだから、フランスでは10ユーロではなかなかメシにありつけないと思し召されたい。

 トゥールーズのとある店。

02

 9.8ユーロ。仕入れによって内容が変わるから、毎日黒板に書き出して入り口に置いておく。

 安さの秘密をシェフに聞いてみた。

03

 「安い新鮮な素材を手に入れること。今日は格安の鯛を仕入れたんだ」

05
 

 「肉も何もかも、余すところ無く全て使いきる。市販のソースを買う必要もない」

 この店、entrée(前菜)+plat(主菜)+dessert(デザート)+グラスワイン でこのお値段というから、驚く。

08

 もちろん原価管理には細心の注意を払う。plat=メインのお魚さんは1ユーロ.90サンチーム、付け合わせは30サンチーム・・・という風に。

12

 ご注文をどうぞと差し出されたcarte(メニュー)を受け取る前に、この兄ちゃん、「表にある "plat du jour" にするわ」と。大半の客が格安ランチがお目当て。

 皆が店にとって利幅の薄い"plat du jour"ばかり注文したら困らないかとシェフに尋ねると・・・

13

 彼は、"C'est leur droit (お客様のご注文ですから)"とさらりと答えた。

 このような価格設定の場合、食後のコーヒーは含まれていないのが普通。こういった店ではコーヒーが貴重な利益となるので、menuが気に入ったらチップの意味も込めてコーヒーを注文するものだと聞いたことがある。

 もっとも、フランス人なら大抵食後にはコーヒーを呑む。口の中の油を流す作用もあるからだろう。

 もう一軒。

14

 こちらはぐっとモダンな感じ。

15

 前菜、主菜、デザートを、それぞれ四種類の中から選べるようになっている。

 この店の安さの秘訣は、調理を外注にしているから。

16

 「外注にしたおかげで人も減らせた。冷凍食品も使うよ。生鮮食品は高いからね」。

17

 外注業者との価格交渉で武器となるのは「数」。
 「ウチのモットーは客を待たせないことだ」と言う。出来合いを仕入れるだけだから、たしかにすぐに料理を出すことができるだろう。そうやって回転率が高くなれば、数も稼げるだろう。

 安くするための異なるアプローチの紹介だった。

 後者の店は外注だからまだ良い。レトルト食品みたいなのをそのまま出してくる店もある。何でも安けりゃ良いってものでもない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

パリ 15ユーロ以下のレストラン(2009年当時だけど)

 googleに記録された痕跡をチェックしてたら、すっかり忘れていたものを発掘した。

 15

 ぼくの二度目のパリ赴任は2008年9月。通貨は当然ながらユーロである。

 フランス・フランなら昔の感覚が残っているので円換算しなくても概ね価値が分かるのだが、ユーロとは初対面。ピンとこない。当初は価格を見るたびにいちいち円転しなくてはならなかった。

 ユーロの対円為替相場は当時160円前後だったと思う。

 サン・タンヌ通りにあるラーメン屋の入り口横の価格表を見て、「一番安いのが10ユーロって、高いわよねぇー」と、さも呆れた風に連れに言ってたオバハン観光客がいた(以前に書いたことがあるような気がするけど)。いえ、そのオバハンを貶すつもりは毛頭ございません。ぼくも当時はそう感じてたんで。

 最安値のラーメンですらこうである。ふつーに外食を(「ディナー」じゃございません)と飯屋を探せど、30ユーロ以下の店はそうたくさんは見つからない。

 単身赴任の身、これには閉口した。食堂はどこもかしこも、円換算してしまえば法外なお値段だった。

 パリに住む人々は皆金持ちなのだ、金持ちでなければこの街に住む資格はないんだと、トンチンカンな思いを抱いてたなぁー。

 そんなところへパリのミニコミ誌OVNIで、「15ユーロ以下のレストラン」という連鎖記事を見付け、丹念にマッピングしたのが上の地図というわけである。

 その記事は今でもOVNIのアーカイブで見ることができる。
 http://www.ilyfunet.com/ovni/special/2009/mai/654_sp_index.html

 ただし、2009年当時の記事だからね。当時と比べて物価は上がっているし、店そのものが今でも存続しているかどうかも保証の限りではない。

 ふと、初めてフランスに赴任した1982年当時を思い出した。

 当時のフランス・フランの為替レートは40円。いろんなモノの値札を円換算したときの愕然たる衝撃は、ちょうど同じようなものだったなー。

 この投稿は、そんなぼくの個人的な記憶の縁(よすが)として。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

パリの串揚げ屋 Shu(修)

 地下鉄サン・ミッシェルからrue Dantonを南に下ると、ちょっと込み入った場所で西へひょいとのびる路地、rue Suger。

 方向オンチのぼくは決まってこの路地をすぐには発見できず、いつも違う路地へ入ってはrue Dantonへ引き返してた。

Shuu01

 上の写真はrue Sugerからrue Danton方向を見たもの。

 その路地に首尾良く入れたならば、Shu(修)の低い小さな入り口はじきに見つかる。
  8, rue Suger 75006 Paris

Shuu04

 

 Shuu05

 Shuの出入り口は普通の出入り口の半分の高さしかない。

 腰をかがめながら低い扉をくぐり、階段を降りたところがいきなり客席間。明るい。

 この店では、大きなcarte(メニュー)を開いて、アントレ何にしよーかな-とかメインは肉か魚かとかあれこれ悩む必要はない。三種類のコースしかないから。

 腹ペコ熊状態だと、一番安いコースでは物足りなく思えるかもしれない。

 扉をくぐって階段を下りたところがメインの食堂だけど、その左横手に、狭くていかにも地下室然とした別の部屋がある。

 落ち着いて話をしたいときにはこっちの方が良い。

Shuu02

 ところがこの部屋、健常者にはどうということもなかろうが、老眼バリバリのぼくにとっては光量不足。それぞれのコース事の食材が細かに書かれている「お品書き」が読めない。

 とは言え、なに、選択肢は三つしかない。食材が分かったところでどーせぼくにはその味の区別なんて付きはしないし、揚げたての串揚げを持ってくるたびに「これは・・・」と食材の説明をしてくれる。

 和食と言えばスシ、サシミ、テンプラしか知らないガイジンを連れて行くと、結構ウケがよかったりするので、レストラン探しの飛び道具としては打って付け。

 ころもを付けて揚げた料理というのは正統フランス料理ではあまりなかろうし、ひと皿食べ終わって丁度良い具合に次の揚げ物が出てくるという方式も、なんとのー「サーブされてるな」てな雰囲気を味わえる。

 そう、この店、揚がったから持ってきたよ~という手前勝手ではなく、ちゃんと客の進み具合をチェックしながら次の串揚げを持ってきてくれる。38~63ユーロという価格設定は、決して高くはない。

 串揚げと言えば、「串カツ 凡」という店ができて間もない頃に行ったことがある。

 KUSHIKATSU BON  Paris
 24 Jean-Pierre Timbaud 75011

 ずらーっと椅子が並ぶカウンター席がある。ここもコース料理のみなので、どうせなら揚げたてをすぐにもらえるカウンター席の方が良いのだが、この時は大人数で行ったので、奥のテーブル席だった。

 美味しかったんだと思うのだけど、行ったのは一度だけ。今となっては記憶が曖昧。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

パリの寿司屋 SUSHI GOURMET

 ラジオ・フランスのコンサート帰りにSushi-Marcheへ行ってみたら満員だった。

 それで姉妹店のSUSHI GOURMETへ行ってみることにした。

 1 rue de L'Assomption, 75016

 狭い店で「寿司屋」という雰囲気はない、というより、テイクアウトが基本なんだけど店で食べてもいいよ~的感じの店である。味は悪くない。

 鮑の造り19.5ユーロに目がいく。アン肝5ユーロもいい。前菜三点盛り合わせも頼んでみたら、フォアグラ+カモ+何かの魚のマリネ。こいつだけは洋風。アジのたたき追加。ビール小瓶一本と、日本酒大関720ml。仕上げがちらし寿司ロワイヤルと握りロワイヤル。ちらし寿司は魚満載。

 とびきりのおいしさとまでは言わないが、これで100ユーロでお釣りが来るとあっては、コスパに不足はない。

 もう三年以上前の話なので、既に日本に帰国した身には現状どうなっているか知るよしもないが。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

パリの居酒屋「やすべえ」、中華料理屋「北海道」、大衆食堂「金太郎

 一年前パリを離れる頃、パリでは「居酒屋」と看板を上げる店が多くなってきていた。 

 が、しかぁ~し、日本の「飲み屋」を彷彿させる店と言えば、断然ここ。

 日本の街角の、どこにでもありそうな店。おっさんがウダウダ酒飲みながら、「あ、もずく頂戴!」と気軽に言える店。

yasube

 地下の部屋は静かで落ち着いているが、追加注文がしにくいのが難点。酒を飲んでオダを上げるのが目的なら、最初にどかーっと注文して置くべし。 

 9 rue Sainte-Anne

 11区なら、中川がある。

================
 「北海道」は以前にも書いたっけ。   

hokkaido

 お店の人は日本人ではないが、味も雰囲気も、日本の庶民の界隈で言うところの「中華料理屋」100%そのもの。

 コスト・パフォーマンスはピカイチで、単身赴任したての頃はちょいちょいお世話になった。

 いつも決まって注文していたのが海鮮丼。

hokkaido3

 ここは「行列のできる店」。時分どきは満員。
 この店では不思議なことに、でーんと尻を落ち着けてグジャグジャ喋ってるフランス人ははあまり見掛けなかった。

 腰を落ち着けてお喋りしようという雰囲気でもないけどね。

hokkaido2

 場所は、サンタンヌ通りからホンの少し小さな通りを入ったところにある。 

 14, rue Chabanais, 75002 Paris

================

金太郎 

 完全に日本の大衆食堂…なんだけど、広い店内のテーブルは、昔の学食(学生食堂)。テーブルがずらーっと並んでいる。

 そしてお品書きも、注文できないものはないという位壁に所狭しと貼られている。

 この店もコスト・パフォーマンスは抜群とあって、時分どきには長い行列ができる。若いフランス人が多いのは、懐具合との兼ね合いなんだろう。お喋りに花を咲かせているヤツらが多いから、結構やかましい。

 以上三店、プアなぼくが(まだポアじゃないヨ…)贔屓にしていたというだけで、決して万人にお薦めしているわけではない。

 リッチな向きには、別の場所がお似合いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

居酒屋なのか食堂なのか… パリ CHEZ Miki

 二年ほど前に行った店。 

 気安い出張者を迎え、肩肘張らずてきとーに酒飲みながら、好きなもんを好きなように注文できる店が良かろうということでこの店に。

 お馴染みサンタンヌ通りを北上し、右手に「藍」というカラオケスナックの看板が見えたら、その次の角を右へ曲がる。 

 余談だが、この「藍」には仕方なく二度ほど行ったことがある。
 ボク的にはちょっと…ですが、それは好みの問題とゆーことで。

tenanto   

 CHEZ Mikiのオレンジの庇は「さぬき屋」に似てんこともないなー。

tennnai

 黒板に所狭しと品書きが並んでいる。鰯のフライ13ユーロ、イカ刺し19ユーロ、コウナゴおろし8ユーロ、中トロ丼25ユーロ 等々。    

koonago

 他にも懐かしい料理が沢山あった。   

toufunomisoduke

 椅子もテーブルも貧相なものだった。
 にもかかわらず、ぼくらが到着してから間もなく店は満席。 

 それぞれの席ではお喋りの花盛りで、一旦埋まったテーブルはなかなか空かない。予約しといて正解だった。勿論わしらも腰を落ち着けて、尻の痛いのを我慢しつつ、ぐちゃぐちゃ喋っていたのだが。

 この店の椅子は、腰を落ち着けすぎる客を追い出すための工夫なのかも知れぬ。

 一品料理のqualityは、○、かな。 

 但し、それは日本を離れてる日本人にとって。

 わしらは、勝手に飲み食いしてただけなんで、どうでも良かったんだけど、テーブル、椅子を見ての如く、サービスなんかを気にする人が来るべき店ではない。

 5 rue de louvois, 75002 Paris

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

バスチーユ地区の魚料理の店 Le Bistrot du Dôme

 

 三十年以上パリに住み続けている知人が、「魚が食いたければ結構エエ店あるで」と案内してくれたのがここ。 

 Le Bistrot du Dôme
 2 rue Bastille 75004 Paris   
   
1

 アドレス名の通り、バスチーユ広場から程ない場所にある。 

 夕食時ではあったが、七月のこととて外はまだ明るい。

 品書きに目を引き寄せられた。
 Sardine Grillées。 焼き鰯があるの?!

2

 珍しくオーダーに迷うこともなかった。

 せっかくエエ店紹介してやったのに、焼き魚注文するかぁ、とツレはちと憮然とした顔をしていた。

 すまんなあ。でも、お上品なフランス風魚料理より、わし、焼き魚の方が絶対イイ!

5

 (写真、食いかけでスマン)

 所詮焼き魚って単純な料理。日本とフランスでさほど違いがあるようには思えないが、気のせいではなく、嗅覚が衰えているためでもなく、生臭さをあまり感じなかったのは何故だろう。存外「単純」ではないのかもしれない。

 そうは言うものの、「おフランス」料理基準から少々外れた、いささか下賤な食い物を注文したわけで、これを以てこの店の価値判断を下す資格がぼくにあろう筈もない。

 が、徒歩十分程度の所に長年住んでいるヤツが選んだ店だし、全体の雰囲気から見ても、この店は多分水準以上。

3   
   
4   

 食事後、「んじゃ、またな」とツレと別れ、少しだけ遠回りになるがリヴォリー通りへ。
 ぶらぶら歩きながら自分のアパートへ帰る。

9

10

 

11

 パリの七月の夜は、暮れそうでなかなか暮れない。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

Paris Benoit ブノワ

 初めてこの食堂の名を目にしたのは、二年ほど前。

 とある土曜日、たまにはちょっとした飯屋で昼飯食ってみっかとミシュランのguide rougeを開いてみた。

 ミシュランのガイドブックには緑色のものと赤色のものがあり、緑は観光用で、赤(rouge ルージュ)は宿泊と飯屋の紹介。

 つい近所に星一つの飯屋があると分かり、今から行きたいんだけどエエか?と電話してみたら、呆れたような声で「悪いけど、満席だよ」と応対された。

 慇懃ながらもその口調が気に入らなかったので、「この飯屋はアカンな」と決めつけてしまったぼくであった。

 自己チューは年寄りの特権とぼくは思っている。それにしても電話した時刻は十二時半を回っていたのだから、断られても当たり前っちゃ当たり前。

 一年ほど経ちそんな過去のことはすっかり忘れて、またもや「席ある?」と電話した。時刻は昼前半時間程度だったろうか。

 忘れて平気なのも、年寄りの特権ではあるぞ。

 冬で客足が鈍っているせいか、たまたま幸運だったのか、「どうぞ」と快諾を得た。

 この店が有名店と知ったのは後のこと。メクラ蛇に怖じず(一部「差別用語」を使っとります)だな。

 てか、ミシュランのguide rougeに載っていることだけで既に有名店であると意識するのがふつーなんだろうから、ぼくの感覚が既に世間から乖離しているとも言えんこともない。

20120107142416

 この通りはそれまで何十回と無く通り過ぎていて、店そのものの存在は知っていたが、どこにでもある飯屋程度にしか認識してなかった。

 店に入った時のギャルソン(ボーイ)の対応は○。

 が、案内されたのはギャーギャー喋りまくってるご婦人二人の隣の席。

 他に空いている席があるのに、なんでこんなテーブルに誘導されたのだろうとしばし考えてみた。

 このオッサン、スケベそうな顔してるから、見てくれ比較の上で若いオンナがいる席の近くなら喜んでもらえるだろうとギャルソンが気を利かせてくれたとは、それぁ到底思えん。

 その当時自分が知らんかっただけで、一応名だたる店である。

 そういう店に革ジャンパー引っ掛けてひょっこり入ってくる東洋人なんてろくなヤツじゃないと思われても仕方なかろう。何より、中国人に間違われたのかもしれない。

 アンタ風情にはここがお似合いだよと、そんな席をあてがわれた、というのが真相だろうと考えてしまうのは僻み根性というものか。

 店の扉を開けて入ったその瞬間にギャルソンが視線を走らせ、ぼくを値踏みしたのは分かっていた。

 ご婦人達が道でばったり知り合いの女性に出会った時、「あらあらお久しぶり」とか他愛のない言葉を交わしながら、素早く互いの服装や持ち物を点検・値踏みするのだと聞いたことがある。

 その辺りの呼吸と似たようなものなのだろうか。

 席のテーブルはパリのビストロ風で、狭い。飾り皿は特注品でなかなかかっこええデザインだ。

20120107144240

 carte(メニュー)。革製だよ。

20120107161024

20120107142910

 左上は「本日のお薦め」、右側が一品料理。昼食時の定食は38ユーロだったかな。

 20120107145242

 ややこしいもの頼むのも面倒なので、アントレは野菜のポタージュ。

20120107150428  

 これメインだが、何の肉だったのか。もう覚えてない。

 店内の雰囲気は結構宜しい。

20120107153432

20120107153654

 デザートは考えるのがじゃまくさかったんで、ババ・オ・ロムにした。
 デザートをサケの延長線上としか考えてないこのワシ。

20120107154058

 スポンジケーキに添えられたのが、

20120107154050

 ラム酒の銘柄は知らんけど、やっぱりいつもの通り意地汚くドボドボぶっかけてしまった。

 恒例のトイレチェック。

20120107161426

 立派なもんです。

20120107161418

 女性用もさぞかし立派だったんだろうが、撮影する勇気はなかった。

ホームページに

Ouvert en 1912, Benoit soufflait en 2012 ses cent bougies. Un âge vénérable pour le seul bistrot parisien à détenir une étoile au Guide Michelin.

 2012年に百歳の誕生日を迎えた、パリでミシュランの一つ星を有する唯一のビストロとある。

 店自体はもっと歴史があるようだがBenoitという名に変わった1912年を創業としているようだ。

 2005年の四月にアラン・デュカスが新しいオーナーとなった。

 デュカスの本家本元のレストランがどこにあるのか知らない。この料理人が屈指の有名人であるとぼくが知ったのは、それから更に後のことだった。

 20, rue St Martin 75004 Paris

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

パリのらーめん屋

 オペラ・ガルニエからカプシーヌ通りを西へ、Grand Cfeの端っこまで行くと、通りを挟んだ向こう側にOPERA MANDARINという中華料理屋があり、そのすぐ脇に「ラーメン」とだけ書かかれた素っ気ない看板が見える。

 店の名は忘れたが、ここのラーメンは悪くない。

 いわゆる日本飯屋街からは少し離れてるし、何より間口が狭いので、そのつもりで探さないと見落としてしまうだろう。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

レストラン Taillevent タイユヴァン

 まさか予約が取れるとは思ってもみなかった。たまたまラッキーだったのか、それともこの店も凋落し始めてるのかなどと、つまらん方向に考えが走るのは例の如し。

 高級レストランというものにはあまり興味がない。というより、支払う対価ほどに充分満足できるほどの器量が自分にはないと、己の分際を弁えているというのが正しい表現だろうか。

 されど、犬も歩けばたまには棒に当たる。

 ミシェル・ロスタン Michel Rostang という店にたまたま行ったことは随分前に書いた。その時はクソたけぇ店だなくらいにしか思わなかった。名だたる店の一つだと知ったのは後になってから。

 要するに、レストランをきちんと値踏みできる力は、ぼくにはないという証左である。

 そんなぼくではあるが、この Taillevent には何故か、恥ずかしながら、実はあこがれがございまして。

 理由は自分でも分からん。多分、若い時分の刷り込みなんだろう。

 加えて、音の響きが好きなのだ。

 tailleという語は、服なんかの背丈として使われる。ventは風。その流れで見るなら、Tailleventは「風の店」とでもいうことになろうか。一方、tailleの動詞はtailler、切り取るという意味がある。
 ぼくの頭の中ではこの二つが混ざり合って、tailleventという名には風を一杯に孕んだ帆船のようなイメージが出来上がるのだが、フランス人がどう感じるのか、遂に尋ねる機会を持てなかった。

 P1000172

 通された部屋。一見かっこよさそうだけど、

P1000174

 この部屋、階段の左右からギャルソンが始終出入りしている。
 どうやら本式の食堂は二階で、この部屋は追加で誂えられた場所らしい。確信はないけど。

 しょっちゅう人がうろうろするのは、少々目障りではあった。
 そう言う意味では、正しく「高級レストラン」に来ているという雰囲気ではないけど、それはそれで、ま、ええか。

 普段は頼まんアペリティフだが、Tailleventブランドのシャンパンがある、良いぞー、おいしいぞーと勧められるままに。

P1000173

 勘定の段階で気付いたのだが、これ結構なお値段だった。言うほど旨くもなかった。

 写真左端のグラスはミネラルウォーター。食事時に水を飲むのは、今や蛙とアメリカ人だけではない。

 ここのワインリストは、ぼくみたいなチンピラには別天地だった。

P1000176

 表示価格は円ではなく、ユーロ。

 上の写真はリストの左側、年代部分がが切れている。
 その左側に焦点を当てると、

P1000177

 シャトー・ラフィット・ロットシルド 1846年って、そんなもんが…

 ワインは50ユーロ辺りまでで抑えたいけど、60くらいになっても仕方ないかなー、なんてケチな平生の思考を持ち込んじゃいけないのよね、こういう店では。

 で、何を頼んだかは覚えてない ( ̄Д ̄;;
 ブルゴーニュではあったが。

 P1000179

 食事も例によって、何を食べたか覚えてない。写真を見ても、そんなもん食ったかぁ?てなもんだ。

P1000178

 P1000185

 よその席のご様子。いいですね、うらやましいですね。この女性の「まあ、すてき!」のポーズと表情。右手の兄ちゃんは、もうこれだけで満足してるだろう。

P1000192

 メシが終わると、チーズ。こういう店ではワゴンに沢山の種類のチーズを載せて持ってくる。どのチーズをどれだけ欲しいかその場で注文する。

P1000199

 四半世紀前、トゥール・ダルジャン La Tour D'Argent で初めてこういう場面に遭遇し、意地汚くあれもこれもと沢山頼んで結局食べきれなかったことを思い出した。

P1000189

 デザート。

P1000195

 写真のトーンがバラバラなのはお許しあれ。フラッシュなし設定撮影だったので、後から見ると大半が光量不足の上、白熱灯の色かぶりが激しい、ひどい写真ばかりだった。
 これでも随分頑張ってレタッチ処理したんだけど、我が技量及ばず。

 P1000202

 サーブに当たってくれたギャルソンは、動きが固く若干猫背気味。ある程度の年齢ではあるが、どうも新規採用見習い期間中みたいな感じだった。

 先の写真のカップルが二人の写真を撮ってくれと頼んだせいなのだろうか、彼はぼくがカメラを持っているのに気付き、ぼくの写真を撮ってやろうかと申し出てきた。

こちらから頼んだのならともかく、こういうレストランで撮影の御用聞きに来るのは、どーかなー。

 気を利かせたつもりだったのかもしれないが、それ、「おまえら旅行客なんて、二度とこの店に来ることもないだろうから」という風に受け取られるよ。

 ぼくが通された部屋はそういう、二度と来ないであろうツーリスト向け用の「軽い」部屋だったのかもしれないけど。

 日もとっぷりと暮れた。凱旋門まで歩く。

P1000204

P1000206

P1000209

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧